- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

お客様のお宅を訪問して実感。「壁面収納って万能かも!」は本当だった!

お客様のお宅を訪問して実感。「壁面収納って万能かも!」は本当だった!

以前ご紹介させていただきました『壁面家具って万能かも!? リビングの収納問題も解決して憧れも実現!』は、おかげさまで当ブログ人気記事のひとつ。皆さまの関心の高さを感じずにはいられません。

そこで今回は、「壁面収納家具」続編として、実際にホクレンホームセンターにて壁面収納家具をご購入いただいたお客様のお宅を訪問し、いろいろとお話を伺ってきました。

壁面収納家具ご検討に至った動機から、ご購入決定までの経緯。そして実際にご利用になっているからこその〝実感〟や、壁面収納家具活用に関する〝工夫〟まで、たっぷりとお伝えいたします!

ホクレンホームセンターでご購入いただいた壁面収納家具をお使いのお客様宅を訪問

ホクレンホームセンターでご購入いただいた壁面収納家具をお使いのお客様宅を訪問

■モデルルームではありません。ホクレンホームセンターにてお求めいただいた壁面収納家具をご活用いただいている札幌市中央区・相澤様のお宅を訪問させていただきました。

ところで、「…本当だった!」とは、少々自信に欠ける記事タイトルではありますが、実のところ、お話を伺うまで〝ビクビクだった〟とはここだけの話。

『壁面家具って万能かも!? リビングの収納問題も解決して憧れも実現!』記事では、壁面収納家具を「リビング収納の救世主」とまで表現し、その万能ぶりを自信満々に書かせていただいておりました。その手前、実際にお使いいただいていらっしゃるお客様は「どのようにお感じになっていらっしゃるのだろう?」という点が、とても気がかりだったのでした。

【以前の記事】
»『壁面家具って万能かも!?リビングの収納問題を解決して憧れも実現!』

ところが、いざ覚悟を決めてインターホンを押し、リビングに招き入れていただいた途端、そうした心配のことなど、どこかに吹き飛んでしまったのでした。ただただ「カッコ良いリビング!」と。

ご紹介が遅れましたが、今回お伺いさせていただいたのは、札幌市中央区に建つ、眺望が素晴らしいマンションにお住まいの相澤様宅。お求めいただいた壁面収納家具を設置されていらっしゃるのは、もちろんリビングです。

お部屋の雰囲気と合わせながら、後からでも設置・コーディネート自在な「壁面収納家具」

お部屋の雰囲気と合わせながら、後からでも設置・コーディネート可能な「壁面収納家具」

■現在お住まいのお部屋の雰囲気と合わせながら、後からでも設置・コーディネート可能なのが「壁面収納家具」です。

相澤様がこのマンションに入居されたのは、2017年10月のこと。新築での入居ではありませんでした。

ということは、壁面収納家具は完全に〝後からの設置〟となるわけですね。既にして、現在お住まいのお部屋に、大がかりな工事不要で後から設置できる「壁面収納〝家具〟」ならではのメリット発見です!

それにしても、あとから設置されたにしては、お部屋のカラーや雰囲気、コーディネートと見事にマッチしています。まるで〝造りつけ〟の壁面収納のよう。まずはこの辺りから伺ってみることにしましょう。

◆リビングはパグリックスペース。いつ人が来て見られても良いようにしておきたい

リビングはパブリックスペース

■「リビングは、家の中ではパブリックスペースですから、いつ人が来て見られても良いようにしておきたい」と相澤さん

「とにかく、このリビングのグランドデザイン、天井や床、壁の色などを活かした〝好きな部屋〟にしたかったのです」とは相澤様。目標としていたのは、モデルルームのリビングだったと言います。

「ごちゃごちゃした印象の部屋になるのは嫌でした。シンプルで、なおかつ収納力に優れたリビングを目指しました。リビングは、家の中ではパブリックスペースですから、いつ人が来て見られても良いようにという考えもありました」

「理想の〝シンプル〟を実現させるには、統一感も大事ですよね。普通の家具をいくつか置くという選択肢もありましたが、それだと、収納力を確保するにはそれなりのスペースを取ってしまいます。また、統一感という面でも今ひとつだと思ったのです」

相澤様宅のリビングへと招き入れていただいてからここまで数分。家具選びのポイントやコーディネートのことなどを理路整然と、しかもわかりやすくお話しいただく相澤様の姿に、「ひょっとして、同業者か住宅関係者なのでは?」などといった感覚に。また、それと同時に〝とある予感〟が。

「壁面収納家具という選択肢に辿り着くまで、家具や収納に関することを、本当に色々と調べました。また、壁面収納家具に絞ってからは、ホクレンホームセンターの担当者とあれこれ話をしながら決めていったおかげだと思いますよ」と相澤さん。

なるほど。一瞬とはいえ邪な疑念を抱いてしまい、大変申し訳ありませんでした!

壁面収納家具選びに当たって重視すべきは「収納力」と「安心感」

大容量の収納力が壁面収納家具の魅力のひとつ

■これだけ収納してもまだまだ余裕。「まだ使っていないスペースがあります。だからといってモノを増やしすぎては本末転倒ですよね」と笑う相澤さん

私たちが日常感じているストレスの度合いは、お部屋の状況に現れるといいます。ストレスが多いほど、お部屋の状況は乱れていくそうです。また、家庭生活で受けるストレスの大半は、「部屋が片付いていないことが原因である」ともいわれるそうです。

余談ではありますがその昔、試験勉強を始めるはずが、なぜだか〝片づけ〟を始めてしまっていたことと、何か関係があるのかもしれませんね。

この因果関係、いわば負のループを断ち切るためにも、重視すべきは「収納力である」と相澤様は見抜いていらっしゃいました。

「これまで何度かの引っ越し経験から、部屋の収納力はとても重要だと感じていました。同時に、どこに何を収納したか? がわかりやすいことも大切」とのアドバイス。その点、大容量の収納力がリビングの壁面に備わる「壁面収納家具」でしたら、難なくクリアできそうです。

「そうなんです。私が壁面収納家具に感じた魅力の一つは、そこですね」

◆価格は魅力的ながら、不安も大きかったネット通販と家具量販店

隙間を埋めるサイドフィラー

■壁面ぴったりに設置することができるのは、隙間を埋めるためのサイドフィラーというユニットを活用できるから。もちろんサイドフィラーも収納力向上にひと役を果たします。

「色々と調べたり検討した結果、壁面収納家具にしようという気持ちは固まっていました。私にとって、後はどこで購入するか? が課題でした」

相澤様は大手家具ネット通販、有名家具量販店、ご近所の家具専門店、そしてホクレンホームセンターをご検討対象とされたそうです。

「価格の安さでは、やはりネット通販には敵いませんよね。でもネット通販の場合、設置場所の寸法を自分で測り、きちんと収まるかどうかという点も自分自身で判断しなくてはなりません。また、『お客様組み立て』という点にも大きな不安がありました」

確かに、お部屋の採寸をご自身で行うとなると、とても大がかりな作業となってしまうことは想像に難くありません。特にリビングって、意外と広いものです。そして万が一、寸法が違っていたら…。考えただけで鳥肌が立ってしまいそうです。

◆少しでも〝不安〟を感じたなら、検討対象からは外すべき!?

サイドフィラー下段にはスティック型掃除機がぴったり

■サイドフィラー下段には、スティック型掃除機が収まっていました。相澤さん曰く「測ったみたいにぴったりでした。扉を閉じても電源ケーブルを逃がす隙間があり、よく考えられているな! と感心しました」

「もっというと、以前はよく組立家具を活用していましたが、たいてい数年も使い続けているとガタついてきてしまいます。この2点の不安から、早々にネット通販は検討対象から除外しました」

使われている素材や製品の精度によるところは大きいですが、組立家具にはそうした傾向があることは否めません。特に大型家具である壁面収納家具ともなると、わずかな狂いが、後々大きなガタつきとなって現れてしまいます。組み立て作業にも細心の注意が必要です。そう考えると、不安になってしまうのは当然かもしれません。

「続いて検討したのが、某有名家具量販店でした。こちらも価格は魅力的だったのですが、壁面収納家具の種類、選択肢の少なさのほか、見えない部分の品質に不安を感じました。また、正直に言うとデザイン的にも気に入った製品を見つけることができませんでした」

◆見積もりを取る際に〝部屋の採寸〟をしてもらえた安心感

地震の際にも安心の扉ロック機構

■地震の際にも安心のロック機構。検討すべきは価格や寸法だけではありません。見えない部分やクオリティ、使う人への配慮など、トータル性能で壁面収納家具をお選びください。

有名家具量販店とホクレンホームセンターは、「同時に検討していた」とおっしゃる相澤さん。

「ホクレンホームセンターで扱っている壁面収納家具の場合、初期投資金額としては若干高くはなりますが、その分、安心感という付加価値を得ることができたと思っています。購入した後になって後悔しないで済むという安心感ですね」

「ホクレンホームセンターで壁面収納家具の見積を依頼したところ、さっそく部屋の採寸をしてもらうことができました。採寸した寸法に合わせて選んだユニット構成での見積ですから、最も信頼できる金額ですよね」

「また、採寸の際に、部屋のグランドデザインを確認してもらえたことも大きかったですね。その後のコーディネート、製品の色選びなどに際しても、的確なアドバイスをいただくことができました」

お部屋の採寸は、札幌市内・近郊であれば無料にて実施させていただいているサービスです。

こと壁面収納家具の場合は、ムダな隙間が生じないよう、梁(はり)、柱の出っ張りなども確認させていただくことで、必要に応じて、ミリ単位でカスタマイズ可能な「上置き」をおすすめさせていただくこともできるようになります。このサービスに〝安心感〟を覚えていただけたなら、このうえなく嬉しい限りです。

◆購入後に後悔しないために

「後悔しない壁面収納選びを」とおっしゃる相澤様

■「納得のいく壁面収納家具を、納得できるお店で選ぶべきだと思います」と、相澤様はアドバイスしてくださいました。

「先ほど少しお話ししましたが、初期投資金額としてはそれなりの金額にはなりますが、コスト優先のあまり中途半端な製品で妥協してしまうと、絶対に後悔すると思ったのです。だから、ホクレンホームセンターで購入を決めたのは正解だったと思っています」

相澤様のお話を伺っているうちに、だんだんと背筋を伸ばし、居ずまいを正さねばならない気持ちになってきます。本当にありがたいお話です。そして、こんなアドバイスまでいただくことができました。壁面収納家具をご検討されていらっしゃる皆さま、ぜひ参考に!

「使い始めてからあれこれ追加することになったり、最悪『やっぱりあっちのほうが良かった…』となるよりは、納得のいく家具を、納得できるお店で選ぶべきだと思います」

「それから、壁面収納家具は、展示している家具店そのものが少なかったですね。しかしやはり、一度は実物を確かめておくべきだと思います。その点でも、展示品が多いホクレンホームセンターには、一度は足を運んでおくべきです。ネットでは得難い、プロのアドバイスもついてきますから!(笑)」

工夫次第で、活用方法は無限大に。憧れだけで終わらせてはいけない!

壁面収納家具へのモノの収納の仕方に技(わざ)あり!

■壁面収納家具へのモノの収納の仕方に技(わざ)あり! 相澤様の収納の工夫についても、お話しを伺ってみました。

相澤様のご満足いただいている様子にほっと一安心。そこで、実際に使用されていらっしゃるお客様ならではの視点、工夫などについて伺ってみることにしました。

「まずは、これだけの大きさの家具ですから、なるべく圧迫感が出ないような色やデザインを、ホクレンホームセンターの担当者と一緒に選びました。この壁面収納家具だけでなく、近くに置くテーブルやラグなども含めたトータルコーディネートについてのアドバイスはありがたかったですね」

「また、私なりの工夫としては、グリーンの配置とオープンスペースの置物でしょうか。これだけで印象がずいぶんと変わるものですよ」

リビングに招き入れていただいた瞬間の印象は、そうした工夫の賜だったというわけですね。

◆壁面収納家具へのモノの収納の仕方に技(わざ)あり!

壁面収納家具へのモノの収納の仕方に技(わざ)あり!

■厚みが異なる2種類のバスケットを活用した収納方法。これは見習うべき壁面収納活用ポイントのひとつではないでしょうか。

先に「とある予感」などと思わせぶりな表現をしてしまいましたが、その予感について、ここで思い切って質問させていただきました。相澤様は、もしかして〝技術者〟でしょうか? そして、実は〝多趣味〟でいらっしゃいますよね!?

「以前の仕事は技術系でしたね。趣味は確かに多いですね(笑)。ここに収納してあるものの一部は、自作のパソコンとHDD(ハードディスク・ドライブ)だったりするんですよ」

なるほど。壁面収納家具には、こうした活用方法もあったか! 眼からウロコとは、こういうことをいうのでしょうね。世の多趣味を誇る皆さま。これは朗報なのではないでしょうか…。

棚の一部に収められたHDD(ハードディスクドライブ)

■棚の一部に収められたHDD(ハードディスクドライブ)。空気を取り入れられるようにと、相澤様独自の工夫も。

「HDDは熱を発しますので、風通しを良くするために、少し隙間ができるようにという工夫を加えました。それから、配線の取り回しにもひと工夫あるんですよ」

順序立てて論理的にお話しいただく姿からイメージしていた通りでした。そして趣味の話となり、共通項の多さに話は弾み…

それはさておき、本題に戻りましょう。

◆色、形が統一されたバスケットを活用した収納は、ぜひ真似たいポイントのひとつ

最後にご紹介しておきたいのは、相澤様の壁面収納家具へのモノの収納スタイル。さすが元技術者だけあって、整然とした収納ぶりには、私たちが見習える点が多そう。壁面収納家具を設置されるなら、ぜひこうした収納方法も併せて取り入れるべきなのかもしれません。

「量販店などで手に入れられるバスケットがジャストサイズなんです。リビングに必要なものは小物が多いですし、すぐに使いたいものというのも、細かいものが多いですよね。そうしたモノを探す時間や片づける場所に悩む時間を節約できるうえに、モノが行方不明になることがなくなりますよ」

バスケットごと取り出し、使い終わったらまた元の場所へ

■収納してあるモノはバスケットごと取りだし、用事を終えたらバスケットに戻し、また元の場所へ。「バスケットの移動も簡単です。これなら、必要なモノが行方不明になることもなくなると思いますよ」とおっしゃる相澤様

この収納方法の最大のポイントは、同じバスケットに統一しておくこと。さらには中に入っているモノについて、扉を開けた瞬間に確認できるよう、何らかの方法で「見えるようにしておく点にある」と相澤様はおっしゃいます。

「バスケットごと取り出し、使い終わったらバスケットに戻すだけ。しまう位置もバスケット単位で簡単に移動できて、とても楽ですよ」

おそらくは、北海道内最多であろう壁面収納家具展示数のホクレンホームセンターで実物を確かめながら

壁面収納家具選びは、多くの展示品があるホクレンホームセンターで!

■相澤様から「これから壁面収納家具を検討されるのでしたら、ホクレンホームセンターさんが絶対におすすめです」とおっしゃっていただくことができました。ありがとうございました。

まだまだご紹介したいポイントは多々あります。本当は、相澤様の趣味の世界にまで踏み込んでいけばもっと面白く…

しかしそれでは、当ブログの趣旨から大きく逸脱してしまうことは火を見るより明らかです。ここまでとしておきましょう。

「何度も言ってしまって恐縮なのですが、初期投資金額こそそれなりに感じるかもしれませんが、長い目、トータルで考えると、絶対に安い買い物になると思います。私自身、とても〝お買い得感〟がありました」とは、ホクレンホームセンターは壁面収納家具を選ぶ際にオススメしていただけるお店か否か? という問いに対してお答えいただいた言葉です。

「これから壁面収納家具を検討されるのでしたら、ホクレンホームセンターさんが絶対におすすめです。ちなみに私の担当は〝イケダさん〟でした」

最後の最後にいただけた相澤様の言葉、絶対に忘れません。ありがとうございました。

そして皆さま、壁面収納家具をご検討の際は、ぜひホクレンホームセンターへとお出かけください!

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。