- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

ソファやダイニングセットなど家具買い替えのチャンス! 真夏のお得『夏得!SALE!!』

ソファやダイニングセットなど家具買い替えのチャンス

7月の街はバーゲンセールの季節。特に欲しいものがなくても、街を歩けば、不思議と高揚した気分に。きっと、バーゲンが始まると「いよいよ夏も本番!」と感じるからなのでしょうね。

もちろん、ホクレンホームセンターでもやりますよ、バーゲンセール! お馴染みの『家具の青空テント市』も同時開催、『夏得!SALE!!』です。2018年6月30日(土)〜7月16日(月・海の日)の期間で開催です!

とってもお得に家具をお求めいただけるこのタイミングですから、今回は「家具の買い替え」に関する情報をお届けしてみます。お得な夏のセールを賢く活用して、家具と気分を一新してみませんか?

家具を買い替えるタイミング、きっかけは…

家具を買い替えたいと思っているのに実行できずにいる理由とは?

■家具を買い替えたいと思っているのに、なかなか実行できないのには「理由」があるはず!

ところで、皆さまはどういうタイミングで「家具の買い替え」をお考えになるでしょうか? 実は以前、その点が気になって、あれこれ調べてみたことがあります。

その結果、重大な発見(?)がありました。「家具の買い替えが先延ばしになってしまう理由のひとつ」が見えてきたのです。

「あれ?」「家具買い替えのきっかけやタイミングの話しでは!?」なんていうツッコミは、どうかお許しを。それよりも、皆さまにも何か「思い当たること」、あったりしませんか?

家具の買い替えが「先延ばしになってしまう理由」をはっきりさせられたら、そこを対策するだけで、「家具を気にしながら過ごす、モヤモヤとした日々」から解放されます。また、理想のお部屋コーディネートへと近づくことができるはずです。だからきっと、皆さまに役立てていただける話題であると思うのです!

◆「今ある家具の処分」に悩んでいらっしゃるのでは!?

今お使いの家具の処分に悩んでいらっしゃいませんか?

■今お使いの家具の「処分方法など」に悩んでいらっしゃいませんか?

これは、盲点だったかもしれません。知識や情報として「不要家具の処分方法」については理解していたつもりでしたが、思っている以上に「これは重要なポイントかもしれない」と。そして、家具買い替え時には、ことのほか「大きな障壁になり得る」と思い至ったのでした。

何より、長い時間を皆さまと共に過ごした家具であるわけですから、修復不能なほどに壊れたり、よほど汚れたりでもしない限り、そうやすやすと「不要」という判断は下し難いはずです。

あるいは、思い切って「買い替え」を決断した場合は次に、今ある家具を「どのように処分すべきか?」という点に思い悩むわけです。

あれこれ調べてみたり相談先を探したり。その手間と時間のことを思うと、無意識のうちに、どうにも腰が重くなってしまうものかもしれませんよね。

◆家具の買い替え時を迎えたら、不要家具の処分方法を決めておきましょう!

家具の買い替え時を迎えたら、不要家具の処分についてもご相談ください!

■家具の買い替え時、寿命を迎えてしまったのに、「不要家具の処分方法がわからないから先延ばしになっている…」なんていうことにならないよう、不要家具処分方法に関する情報を得ておきましょう。

今ある家具の処分方法、身近な選択肢としては大きく3つあります。

選択肢の1番目としてホクレンホームセンターのお勧めは、費用も安く済む、お住まいの自治体が行っている「大型ごみ回収」をご利用いただく方法です。

これは、お住まいの自治体によって利用方法が異なります。まずは市区町村のホームページなどでご確認されてみてはいかがでしょうか。

ちなみに札幌市の場合は「大型ごみ回収(戸別有料収集)」を利用します。「大型ごみ収集センター」に電話した後、「大型ごみ処理手数料シール」を購入。そして、指定日の朝8時30分までに指定場所へと出すという流れです。まだ使える木製家具の場合は、「リサイクルで」という出し方もあります。

【札幌市「大型ごみ回収」利用方法】
» http://www.city.sapporo.jp/seiso/gomi/oogatagomi.html
ご自身で家具を処分するには労力が必要

■お住まいの自治体が行っている「大型ごみ回収」なら、処分費用も安く済みます。

2番目の選択肢としては、「まだ使える家具という前提」でのお話ですが、リサイクルショップやリサイクル業者、インターネットを使ったフリマ(フリーマーケット)などを利用する方法があります。

こと近年では、「スマホでフリマに出品」というケース、増えているようです。もしかしたら皆さまも、既にご活用になっていらっしゃるかもしれませんね。

売買ではなく、知人や友人、親戚などに「譲る」という方法も考えられます。いずれにしても、「この先も大切に使ってもらえる」という安堵感を得られそうですね。

そして3番目の選択肢です。ホクレンホームセンターが行っているサービスなのに、実のところ積極的にはお勧めしていません。その理由としては、何ぶんにも「お客様に費用負担をお願いしなければいけない」ためです。

同じ「費用負担をお願いする」のであれば、はるかに安く済む自治体の「大型ごみ回収」のほうがお勧めなのです!

【「不要家具引き取り」に関するページ】
» https://www.kagu-hokuren.com/store/service.html

◆「家具買い替えの障壁」を取り払い、家具と気分を一新する夏にしませんか?

「家具買い替えの障壁」を取り払い、家具と気分を一新する夏に

■家具を買い替えようという気持ちを阻む「障壁」を取り払って、家具と気分を一新する夏にしませんか?

こうして選択肢や情報を整理してみるだけで、家具買い替えを「行動に移す勇気」が湧いてきませんか?

勇気が湧いてきたところで、ホクレンホームセンターへとお急ぎください。本物の家具をとってもお得にお求めいただける『夏得セール』、もう始まっています!

セール情報は、画面黄色のボタン「今月のチラシを見る」からご確認いただけます!

ホクレンホームセンター『夏得!SALE!!』情報

過去に行われたセール、家具の「青空市」の様子

■過去に行われたセール、家具の「青空市」の様子です。毎回、大勢のお客様にご来店いただいています!

ここからは、ホクレンホームセンター『夏得!SALE!!』情報と、当セール期間中に開催される「家具の青空テント市」の賢い活用法に関する情報を!

今回のセールと併せて開催する「家具の青空テント市」から、目玉商品であるソファ、ダイニング家具の「買い替え時」について見ていきましょう。

◆ソファの寿命は、3年から10年といわれています

ソファの寿命は、3年から10年といわれています

■ご使用頻度や環境によりますが、ソファの寿命は、3年から10年といわれています。

ソファの寿命に大きく幅が出てしまうのは、お使いになっているソファの造り、そして使用頻度や使用環境に左右されるためです。ファブリック、合皮、革などといった素材が備える耐久性も大きく関わってきます。

表地であるファブリックや革などは、張り替えを行ったりカバーを用いるなどすれば、比較的長くお使いいただくことができます。

しかし、内部構造、特にスプリングなどにヘタリが現れ、クッション性や座り心地が悪くなってきたら「買い替え時」です。

また、これは滅多に起こらないことですが、ソファの脚やフレーム構造が痛んでしまった場合も、買い替えをお勧めします。特にこの場合は、「安全」や「健康」という観点からも、早めの買い替えを検討すべきです。

◆ファブリックを簡単に取り外せるソファも

余談ですが、近年では、「ファブリックを簡単に取り外せる」「ファブリックを取り外して洗濯可能」といった機能を備えたソファも選べます。

張り地を選べるソファ

■ファブリックの色を選べるだけでなく、取り外してお洗濯可能というソファも。
【Photo】布張りソファ/《詳細ページ》https://www.kagu-hokuren.com/items/detail/647

「少しでも長く使いたい」という皆さまには、こうした製品をご検討いただくのも良いかもしれませんね。こうした製品でしたら、お部屋コーディネートの幅も広がり、お部屋のカラーチェンジや大胆な模様替えにも対応させやすいでしょう。

セールの機会にあわせて、こうしたソファにもぜひご注目ください!

◆ダイニングテーブル、ダイニングチェアの寿命は10年を目安に

ダイニングテーブル、ダイニングチェアの寿命は10年が目安

■ダイニングテーブル、ダイニングチェアの寿命は「10年が目安」といわれています。

ダイニングテーブルやダイニングチェアは、お部屋にある家具の中でも使用頻度が高い家具といえます。そうしたことから、耐久性を考えて造られている家具でもあるのですが、長くお使いになっているうちに、どうしても痛みが生じてきます。

最も痛みやすい構造となっている箇所が、テーブル、チェアともに「脚の付け根部分」です。これは、テーブルやチェアの構造上、残念ながら避けることはできません。この部分にガタつきをお感じになるようになったら、そろそろ「買い替え時が近づいている」というシグナルです。

ちなみにダイニングテーブルの天板、チェアの座面と脚との接合部に金具が用いられネジ留めされている家具の場合は、このネジを増し締めすることで、一時的にもとのしっかり感を取り戻すことができます。しかし、ネジが緩んで来るほど力が加わる部分です。いずれ増し締めでは対応できなくなることが考えられます。

また、ネジ留めではなく、木材同士が直接組み合わされているテーブルやチェアの場合は、修理不可能ではありませんが、かなり大がかりな修復作業を行わなければなりません。

セールを活用して、定期的に家具を一新するスタイルはいかが?

セールを活用して、定期的に家具を一新するスタイルはいかが?

■セールを活用して、定期的に家具を買い替えていけば、多くの家具が「いっぺんに寿命を迎えた…」なんていうことを避けられるかも。

家具は、自動車同様「耐久消費財」に分類されます。長くお使いになる大切な「財産」というわけですね。

「財産」なのであれば、少しでも長く使える「本物の家具」を手に入れたいものです。自動車で考えてみると、「とりあえずこれでいいや…」などと、いわゆる「間に合わせ」の買い物はしませんよね。しっかり吟味し、あれこれ検討を加えてお決めになるはずでしょう。

そして「価格」ですよね! ホクレンホームセンターのセールを賢くご活用いただき、「本物の家具をお得に入手」してしまいましょう。

セールは、定期的にやって来ます。お得な機会に「家具をまとめて一新!」というスタイルでも、あるいは、「時期をずらして計画的に家具を買い替える」というスタイルでもOK。家具が寿命を迎えきってしまう前に、賢く買い替えるスタイルはいかがでしょうか?

◆『夏得!SALE!!』情報

ホクレンホームセンター『夏得!SALE!!』

■ホクレンホームセンター『夏得!SALE!!』チラシ情報は、画面黄色のボタンから!

詳しくは、当画面に表示されている黄色のボタン「今月のチラシを見る」を併せてどうぞ!

◎ホクレンホームセンター『夏得!SALE!!』
2018年6月30日(土)〜7月16日(月・海の日)
・カリモク家具フェスタ
・国内有名メーカー「夏トクOFF!」
・世界のベッド「夏トクOFF!」
・電動ソファ・電動ベッド「4大無料キャンペーン」
*10万円(税込)以上お買い上げで、全道配送料・組み立て設置料無料
◎「家具の青空テント市」
2018年6月30日(土)、7月1日(日)、7日(土)、8日(日)開催
10:00〜17:00
・4日間合計ソファ200本大放出!
・ダイニング家具大特価!
・家具の掘り出し市!

皆さまのご来店をお待ちしております!

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。