- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

劇的!タンス・クローゼットの【除湿術】夏の湿気から大切な衣服を守ろう!

こんにちは。ホクレンホームセンターブログ編集部です。北海道も夏、真っ盛り。夏休みに入り、楽しいイベントが続きそうですね。

ところで、蒸し暑い日の続くシーズンは湿気が発生しやすい時期でもあります。なかでも、気になるのは、大切な衣類を保管しているタンスやクローゼットの湿気対策という人も多いようです。放っておくと、カビやダニの原因となってしまい、家にも人にもよくありません。

o156914971417147107887

札幌を拠点に活躍する整理収納アドバイザー井下佳子さんに、タンスやクローゼットの湿気対策とお手入れ方法を伝授していただきました。家にあるものを利用して、賢く楽しく湿気対策しちゃいましょ。夏休みのお子さまと一緒に手作りできるものもありますよ。

湿気対策が必要なシーズンはクローゼットや押入れ、洋服整理のチャンス

何と言っても、湿気対策は洋服を詰めすぎないのが鉄則です。いつの間にか増えてしまった洋服、気が付くとぎゅうぎゅうに詰めた状態に。これは、洋服整理のサイン。タンスやクローゼット内の整理収納のチャンスでもあります。せっかくですから、湿気対策も兼ねて、衣類の整理をしてみませんか?

13621914_966399206811242_2026033582_o

まずは、クローゼットの中、タンスの引き出しの中の衣類を全て出します。 出したら、衣類を仕分けていくのですが、この時、いるかいらないかで判断すると、「まだ着れるから。」や、「高かったから。」などの理由から、手放すことが難しくなりがちです。

仕分けるときは、着ているか着ていないか、という視点で考えてみてく ださい。1年以上着ていない洋服には、それなりに理由があるはず。そして、今の自分にふさわしいか考えてみましょう。もっと素敵な自分と出会えるはずです。

湿気の不快を快適に!アロマと重曹でエコ除湿剤を手作り

除湿剤ももちろんですが、ちょっとエコな除湿方法をご紹介します。家に余った重曹はありませんか? 実はこの重曹には、除湿や消臭の効果があるんです。

13694084_972231199561376_270051844_o

鮭フレークの瓶を再利用してみました。消毒用の普通のガーゼと麻ひもなど家にあるもので作れます。私はラベルづくりも好きなで時間のあるときに手作り。おしゃれな除湿剤ができあがります。

瓶に入れた重層をクローゼット内に置いてあげると、湿気を吸い取ってくれます。空になった小瓶にガーゼを掛けて麻ひもで縛ってみましたよ。

また、ハギレなどを利用してサシェを作るのも可愛いですね。

13699437_972219229562573_1826799030_o

10分ほどでカンタンに仕上がります。

サシェに消臭や抗菌効果のあるアロマを1滴たらしてあげると、除湿と消臭が一度に出来て、快適度がアップしますね。おすすめのアロマは、ペパーミント、ユーカリプタス、レモングラスなどです。さらに、湿気を吸った後の重曹は捨ててしまわずにキッチンやお風呂のお掃除に使いましょう。油汚れや湯あかもスッキリしますよ。

13717900_972219246229238_162424401_o

吊るす除湿剤としても使えます。

湿気対策にサーキュレーターを! こもらせないことが大事

風が通ることを意識してみましょう。ハンガーの両端は壁から離すようにして、余計なものをつり下げないように。また、一度着た洋服は、1時間程度ハンガーにかけて湿気をとってから戻すとよいでしょう。タンスは壁にピッタリつけずに、少し離すことも大切ですね。雨降りが続いた時などは、扇風機やサーキュレーターで中に風を送ってあげてください。13621780_966399336811229_337430979_o

 

蒸れやすい帽子を吊るしてスリムに収納

夏は特に帽子が蒸れやすい物です。吊るす収納で省スペースかつ風通しがよくなります。脱いだ直後は窓際に掛けて風を通しましょう。湿気がなくなったらクローゼットに戻します。チェーンやS字フックは100円ショップでも手に入るのが魅力です。

13582340_966398790144617_1191253424_o

タンスの引き出しは不織布の仕切りでゆったりと

タンスの引き出しは、ついついごちゃつきがちなものです。仕切りを入れることで、ごちゃつかず、スッキリと衣類を収納できます。そんな仕切りの中でも、ぜひお勧めしたいのが、無印良品の不織布仕切りケースです。布素材なので風通しもよいですし、ソフトで窮屈にならないのが嬉しいですね。また、折り返せば高さ調整も自由自在で、とっても重宝しますよ。

13570292_966399416811221_1950948697_o

新聞紙をくるくる丸めて除湿効果アップ!

雨の日が続いて除湿剤だけでは追いつかないという場合、新聞紙を丸めて湿気の溜まりそうな奥や角に置いてみてください。新聞紙が湿気を吸い取ってくれます。翌日、使用済みの新聞紙は捨てるだけですから、気軽にできそうですね。

 

Profile 井下佳子(イノシタケイコ)

t02200330_0299044813357976257

+plus K(プラスケイ)代表。整理収納アドバイザー1級、ファイリング・デザイナー2級、2級FP技能士、シニア・ライフ・コンサルタント(生命保険協会)。お片づけから暮らしと家計をプラスに導くお手伝いをしています。暮らしを整えて家中の見通しをよくすること、それが、幸せスパイラルのスタートです。

≪おもな経歴・講師≫

札幌子育て支援センターちあふとよひら「子どもが片づけたくなる!問いかけと収納術」
しゅふきた主催「時短の整理収納セミナー」
ジョブカフェ北海道「ファイリングの基本を学んで思考の整理術」
快適な暮らしフェア2016クリナップ「整理収納セミナー」他

≪おもな活動≫

2015.6~女性の癒しと学びのサロン メゾン・ド・クレムリン代表。HP/Facebook

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。