- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

真のリラックスを求める大人の皆さまへ!「ストレスレス🄬チェア」のすすめ

日本各地から「梅雨」に関連する話題が届く季節が、今年もやってきました。

スッキリ、はっきりしない空。ときおり落ちてくる雨。そんな空模様で迎えた休日の午後あたりは、窓辺にお気に入りのチェアを持ち出し、流れゆく雲や窓を打つ雨粒を眺めながら、静かにリラックスを。BGMは何にいたしましょう…。

でも、ちょっと待ってください。その「お気に入りのチェア」は、本当に「心やカラダがリラックスできるチェア」でしょうか!?

今回は、「本当のリラックスとは!?」といった視点から、パーソナルチェア、リクライニングチェアと呼ばれるタイプの椅子(チェア)チェックを!

リクライニングチェアの傑作「ストレスレス🄬チェア」を抜きには語れません

エコーネス「ストレスレス🄬チェア」公式サイト

■エコーネス「ストレスレス🄬チェア」公式サイト(https://www.stressless.com/ja-jp)

まずは、今回の記事の結論からです。

パーソナルチェア、リクライニングチェアにご興味・関心をお持ちになりましたら、何はさておき、エコーネス社『ストレスレス🄬チェア』に、一度は腰をおろしてみてください。

ホクレンホームセンターでストレスレス🄬チェア体験を

■ホクレンホームセンターで「ストレスレス🄬チェア体験」を!

もちろん、ホクレンホームセンターでは「ストレスレス🄬チェア」の展示を行っておりますので、心ゆくまで試し座りなどを!

◆「ストレスレス🄬チェア」のリクライニングは快感至極!

パーソナルチェア、リクライニングチェアは数多あれど、ストレスレス🄬チェアほど「優しくカラダを包み込んでくれるリクライニングチェアはない」とお感じいただけるはずです。事実、多くの方がそうおっしゃいます。

ストレスレス🄬チェア

■「優しく包み込んでくれるよう」と表現する方が多いストレスレス🄬チェア。ストレスレス🄬チェアは、脚を置く【オットマン】もセットです。

そして、「ストレスレス🄬チェア」最大のポイントである機能性、リクライニングの快感について存分にお試しください。

「ストレスレス🄬チェア」は、チェアにカラダを預けた状態のまま姿勢を変えること、つまり体重移動だけでリクライニングが可能です。しかも、不快かつ「いつか壊れるのでは?」と不安を覚えるような衝撃などは一切感じません。

リクライニングした状態からカラダを起こす場合も、実にスムーズ。ただ体を起こすだけで、背もたれが背中の角度に従って起き上がってきます。

この快適さとスムーズさが、「ストレスレス🄬」リクライニングチェアの魅力の一つ。このチェアにカラダを預ける心地良さを知ってしまったら、あなたはもう……。

◆「ストレスレス🄬」は北欧生まれ、リクライニングチェアのトップブランド

北欧・ノルウェーで誕生したストレスレス®チェア

■北欧・ノルウェーで誕生したストレスレス🄬チェア。

ところで、すんなりとお読みになれましたでしょうか?「ストレスレス🄬」。落ち着いて見直せばどうということはありませんが、恐らく初見ですと読み取りにくい文字列です。

この文字列を分解すると、「ストレス」「レス」です。ストレスは説明は無用ですね。もう一つの「レス」は、英単語の「less」です。

「レス」の日本語訳は、「より少なく」といったニュアンスでしょうか。「ストレスをレス」するリクライニングチェアというブランド・ネーミングであるわけですね。

この「ストレスレス🄬」各ラインナップを世に送り出しているのは、北欧はノルウェーを発祥とするエコーネス社です。

リクライニングチェアの購入をお考えになり始めると、きっと一度は目にし耳にするであろう、世界有数のリクライニングチェア・ブランドです。ぜひお見知りおきを!

そして、リクライニングチェアに関心をお持ちいただいたせっかくの機会です。

ストレスレス🄬チェアを試してみる

■ストレスレス🄬チェアを試してみることはもちろん、他ブランド製品との座り比べもおすすめです。

繰り返しになりますが、ホクレンホームセンターにて、「ストレスレス🄬チェア」各ラインナップをお試しいただくのはもちろんのこと、他メーカー製リクライニングチェアとの比較などいかがでしょうか。

「ストレスレス🄬チェア」の上で過ごす上質な時間が愛おしくなる

ストレスレス🄬の内部構造

■ストレスレス🄬チェアの快適さの秘密は、その内部構造にあります。

「ストレスレス🄬」リクライニングチェアが「ストレスレス🄬」である秘密は、その内部構造にあります。公式サイト「ストレスレス🄬の特長」もご覧ください。

先ほど触れたリクライニングには特許技術、カラダを優しく包み込んでくれる座り心地の座面には、波状のスプリング。これらのパーツによって発揮される機能性が、とても高い次元で調和しています。

その結果、私たちの背骨、腰を適切な力で支えてくれることから、身体各部に無用な負荷(ストレス)が加わることはありません。「体を優しく包み込んでくれる」使用感は、こうした低負荷の状態をつくり出しているからこそ実現できているのです。

そのような機能性の高さが評価され、「ストレスレス🄬」リクライニングチェアは、ACA(米国カイロプラクティック協会)による認定を受けています。

アメリカのカイロプラクティック施設だけでなく、日本においても医療施設や美容サロン、ホテルなどにも設置されています。「ストレスレス🄬」リクライニングチェアの実力をうかがい知ることができますね。

普通のチェアに「座り続けること」は意外とストレス・フルだからこそ

だからストレスレス🄬を選ぶ

■たとえば映画館。お尻が痛くなった経験はありませんか? 座り続けることは、思っている以上にストレスフル。だからこそ、リラックスタイムにストレスレス🄬チェアをお試しいただきたいのです。

たとえば映画館です。

着席したばかりのときには「座り心地が良い」などと感じていたはずが、長編映画の半分ほどが過ぎたあたりから、座面と接しているお尻のあたりがじわじわと痛み出し…

映画館だけではありませんよね。きっと似たような経験、多くの皆さまにも「覚え」があるのではないでしょうか。

一旦そう感じてしまうと、どうにもお尻のうずきは増すばかり。最悪「この映画、早く終わらないかな」などと思ってしまうことも…。

極端な例かもしれませんが、カラダのどこか一部にでも「負荷」「ストレス」が加わると、そこに意識が向いてしまうものではないでしょうか。これはカラダだけではなく、「心」でも同じことがいえるように思います。

心やカラダに引っ掛かり続ける何か。いわゆるストレッサーがある限り、どうしても「意識の何分の一か」は、そちらに向いてしまう。その分、集中が削がれてしまいます。

こうした状態はつまり、「ストレスを受けている状況」にほかなりません。リラックスするつもりが、逆にストレスを受けている、というわけです。

◆パーソナルチェアやリクライニングチェアが人気の理由

パーソナルチェアやリクライニングチェアが人気の理由

■「パーソナルチェア」やストレスレス🄬チェアのような「リクライニングチェア」が人気です。

ご自宅でリラックスするためのチェアにも、同様のことがいえます。

ご自宅内にある移動可能な椅子(チェア)、たとえばダイニングのチェアを窓辺に持ち出したとしても、きっと数分も経てば、座るのを止めてしまうことでしょう。お尻や腰、着座姿勢を保つ背中がツラくなるはずですから…!

だからというわけではないでしょうが、近年、「パーソナルチェア」やストレスレス🄬チェアのような「リクライニングチェア」が人気です。

それだけ、「自分だけの時間」や「真のリラックスを得られるスタイル」を大切にする皆さまが増えていらっしゃるのでしょう。

◆「大人のための上質な時間」にこそ「ストレスレス🄬チェア」を

そこまでお考えではなくとも、下記のような画像を目の当たりにしてしまうと、「いいな!」「これぞ、リラックス!!」などとお感じになりませんか? もっとも、窓外の景色は別にして… ですが。

「大人のための上質な時間」にストレスレス🄬チェアを

■「大人のための上質な時間」に、ストレスレス🄬チェアを。【ストレスレス🄬チェア公式サイトより】https://www.stressless.com/ja-jp/stressless-recliners

それでも、少なくとも「カラダへのストレス無く」上質な時間を過ごすことができるのであれば、おそらく、日常のお仕事や生活から受ける「心へのストレス対処法」について、じっくりと考えを巡らせる「充実した時間」を得られるはずです。

そうして生まれる「ゆとりの表情」こそ、真のリラックスを知る「大人の証し」といえるのではないでしょうか。

誤解を恐れずにいえば、そのような「大人の皆さま」にこそお選びいただきたいのが、この「ストレスレス🄬チェア」であるわけです。

ストレスレス🄬チェアにも弱点はある…!

ストレスレス🄬チェアがある暮らし

■ストレスレス🄬チェアがある暮らしを経験してしまうと、もう後戻りできません。

弱点といっても、製品としての「弱点」ではありません。私たちが「ストレスレス🄬チェア」を日々使用するうえでのこと。「運用上の弱点」のことです。

何が〝弱点〟かというと、一度「ストレスレス🄬チェア」にカラダを収めてしまうと、そこから離れがたくなってしまうという一点にほかなりません。

考えてもみてください。

カラダは「まるで宙に浮いているよう」にストレス・レス。そのおかげで、とても貴重な「思索の時間」に集中できるようになり、仕事や日常生活に感じがちなストレスにも「解決を見出す心の余裕」が生まれる。

もしもそのまま「窓辺のうたた寝」に陥ってしまったとしても、それはそれで、得も言い難き「至福の時間」となるわけです。

◆それは「言い過ぎでは?」とお思いの皆さまへ

もしかしたら、「チェアひとつで、そこまでは言い過ぎでは!?」とお思いになる皆さまがいらっしゃるかもしれませんね。

でも、本当なんです。

「ストレスレス🄬チェア」もホクレンホームセンターで!

■ホクレンホームセンターにて「ストレスレス🄬チェア」に数分、その身を預けてみてください!

疑念をお感じになっている皆さま、ホクレンホームセンターにて「ストレスレス🄬チェア」に数分、その身を預けてみてください。

その際、万が一「うたた寝」に陥ってしまったとしても、たたき起こすような野暮な真似はいたしません。どうぞご安心ください。

とにかく、疑念を抱いたままの皆さまの「言い分」は、その後にお受けすることにいたしますので!

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。