- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

店内リニューアル!家具を買うなら生まれ変わったホクレンホームセンターで

ホクレンホームセンターの店内をリニューアルいたしました。

最近家具店を訪れたのはいつ頃のことですか? また、最後にホクレンホームセンターをご利用いただいたのは?

今回は、「そういえば…」などとおっしゃる皆さまには、ぜひご期待いただきたいお知らせです。

ホクレンホームセンター店内を2016年11月3日にリニューアルいたしました。

たびたびホクレンホームセンターをご利用いただいている皆さまには、改めまして、ホクレンホームセンター店内リニューアルの意図をお伝えする内容でお届けいたします。

店内リニューアルのコンセプトは「見やすく」「選びやすく」「試しやすく」

ホクレンホームセンター店内リニューアル

■家具を見やすく・選びやすく・試しやすくをコンセプトに、ホクレンホームセンター店内をリニューアル

チラシなどでもご案内させていただいておりましたので、きっとご存じの方も多いことと思います。この11月3日に店内をリニューアルし、リニューアルオープン記念セールなども実施させていただいておりました。

今回は、ホクレンホームセンター店内リニューアルのポイントと「家具専門店の有効活用法」について、同時にひも解いていきましょう。

◆家具は、実物を見て、触れて、試してご購入いただきたいから

お手入れ方法をしっかりお伝えすることも家具専門店の務め

■ウレタン塗装などが施されていない家具には、専用のメンテナンスキットなどが用意されています。お手入れ方法をしっかりお伝えすることも家具専門店としての務めです

現代は、ホームセンターや家具量販店はもちろんのことですが、カタログ通販やネット通販などでも家具をご購入いただける時代です。便利な世の中になったものです。

けれども、その便利さのおかげで家具選びにおける「最重要ポイント」が陰に隠されてしまうようになってきました。そのポイントとは、実物の「家具に触れながらお選びいただくこと」です。

今回の店内リニューアルに当たっては、家具に「触れながら選びやすく」という点が、特に力を注いだポイントでもあります。また、お気に入りの家具を「発見しやすくする」ことも同様に、大切にいたしました。

久々にホクレンホームセンターを訪れていただけたなら、「お、変わったね」「店内の見通しが良くなった!」などとお感じいただけるはずです。

◆〝第六感〟までも活用する家具選びを!

帆布(キャンバス地)の風合いが心地良いソファ

■写真では伝えきれず残念ですが、帆布(キャンバス地)の風合いが心地良いソファです。ウエストコーストのテラスにでも無造作に置いてありそうなテイストです

実物の家具に「実際に触れてみること」には、多くのメリットがあります。その一つが、素材感などの質感を感じていただくこと。

同時に、丈夫さや使い心地といった機能面などもお試しいただくと、より一層効果的な家具選びとなります。

そしてそれ以上に、五感を超えた感覚、直感や第六感などといった、少々スピリチュアルな感覚も大切にしていただきたく思います。いわば、家具との「運命の出会い」や「一目ぼれ」といった感覚。そうした出会いも、今回のリニューアルで得ていただきやすくなっているはずです。

感覚といえば、家具選びに際しては、家具が持つ「存在感」などもぜひご考慮ください。

これはお部屋の間取りや配色とも関係します。また、周囲に置く家具などとマッチさせた場合の「相対的な量感」とでもいうべきでしょうか。こればかりは、本当に感覚的な部分。家具の各部寸法データ(数値)から導き出すことはできません。

店内リニューアルのポイントと家具選びの関係

ここからは、特に大きくリニューアルを図った店内各ポイントと、その特徴をご紹介させていただきます。

まずは、店舗入り口付近のディスプレー・コーナーからご紹介いたしましょう。

◆カフェスタイル!? それとも〝無骨〟スタイル!?

カフェテイストや無骨なテイスト演出にぴったりのインテリアコーディネート

■カフェテイストや無骨なテイスト演出にぴったりのインテリアコーディネートです。お部屋のテイストづくりの参考に、ぜひご覧ください!

ホクレンホームセンター入り口を入ってすぐ左手に、ダーク系の色調でまとめたディスプレーコーナーを設置いたしました。実は、当コーナーの名称は未決定。遊び心を感じていただけるコーナーでもありますので、ぜひ一度ご覧ください。

このコーナーのコンセプトは「〝無骨〟スタイル」とでも申し上げるべきでしょうか。以前にご紹介させていただいた事がある『男前インテリア』に相通じるテイストでもあります。

また、近年人気が増している「カフェスタイル」テイストの家具が揃うコーナーでもあります。カフェテイスト・コーディネートをお考えの皆さまにもぜひご覧いただきたいコーナーです。

◆カフェスタイルテイストや〝無骨〟スタイルのテイストでお部屋をコーディネートするなら

ソファやボードなど、お部屋の色調にトーンを合わせた〝主役級家具〟を先に設定すると、その後のコーディネートがしやすくなります。素材感にこだわるか、デザインテイストから選ぶか─。まずは、実現したいお部屋のイメージをしっかり描いておきましょう。

ホクレンホームセンターのおすすめ主役級家具は「革張りソファ」です。中でも、革の風合いを残すために表面コーティングを省いた『革張りソファ オピアム(tabu)』は、お部屋の主役にふさわしい存在感を発揮してくれます。

» 革張りソファ商品一覧
» 革張りソファ オピアム(tabu)

※商品一覧に掲載の商品は、取扱商品の一例です。様々なコーディネートとともに、ぜひホクレンホームセンターで多くの実物をご覧ください。

◆北欧モダンインテリア&ナチュラル・テイスト家具のやさしさをリビングやダイニングに

innovatorなど北欧モダンインテリアのやさしさをリビングに

■innovator(イノベーター)など北欧モダンインテリアのやさしさをリビングに。ナチュラルでスタイリッシュな雰囲気が魅力です

続いてはリビング家具、ダイニング家具のコーディネート・コーナーです。こちらのコーナーは、入り口を入ってすぐ右手。先ほどご紹介した〝無骨〟スタイルコーナーの向かい側に当たります。

このコーナーの特徴は、なんといってもウッディーでナチュラルなやさしさあふれるテイスト。そして、北欧デザイン家具、北欧モダンインテリアのスタイリッシュさ。

北欧モダンに特徴的な「脚つき家具」の雰囲気やテイスト、さらには細部にまでこだわってデザインされた家具のディテールなどは、コーディネートのしがいがあることでしょう。

そして不思議なことに、このコーナーを訪れると「ほっとする感覚になる」のは、ナチュラルテイストや北欧デザイン家具が持つ〝魔力〟のせいかもしれません。こうしたテイストの家具で彩られたリビングであれば、きっと心から寛ぐことができます。

そして、それでいてスタイリッシュさを保ち、リビングやダイニングの生活感をカバーしてくれそうなのが、これらナチュラルテイスト家具や北欧モダンインテリアの素晴らしいところです。

北欧デザイン、北欧モダンを代表するブランド「innovator(イノベーター)」の家具は一見の価値があります。

◆北欧モダンインテリアの特徴は、脚部を持つ家具が多いこと。これをヒントに、北欧テイストを備えた家具を選ぶというのもおすすめです。

近年人気なのは、木目が見えるウッディでナチュラルな素材感を持つリビング、ダイニング家具です。ホクレンホームセンターおすすめの北欧モダンインテリアは、こうしたナチュラルテイストが備えた〝やさしさ〟と〝スタイリッシュさ〟を併せ持つ、デザイン性に優れた家具であることが特徴です。

» ダイニング家具商品一覧ページ

※商品一覧に掲載の商品は、取扱商品の一例です。様々なコーディネートとともに、ぜひホクレンホームセンターで多くの実物をご覧ください。

◆有名ブランドベッドをずらりと見渡せるベッドコーナー

有名ブランドのベッドがずらりと並ぶフロアの様子は圧巻

■有名ブランドのベッドがずらりと並ぶフロアの様子は圧巻です。ぜひ、寝心地をお試しください!

今回の店内リニューアルにおいて、最も大きく変わったのがベッドコーナーかもしれません。広々としたスペースに、有名ブランドのベッドがずらりと並ぶフロアの様子は圧巻です。

「TENPUR(テンピュール)」「フランスベッド」といったラインナップはもちろん、「Ootsuka Air Loop(大塚家具)」「sealy(シーリー)」「SIMMONS(シモンズ)」「sembella(センベラ)」「Slumberland(スランバーランド)」「Granz(グランツ)」など、国内外のビッグネーム・ブランドを一度にご覧いただけます。

ご覧いただけるだけでなく、1台1台のベッドに横たわって試してみることができるのもまた、うれしいところ。展示スペースにゆとりがありますので、ぜひゆっくりと横たわり、それぞれのベッドの寝心地をお試しいただければと思います。

◆ベッド選びのポイントは、より多くのベッドに一定時間、実際に横になってみること

道産子気質とでもいうべきでしょうか、どうも遠慮がちに腰掛けてお試しになるお客様が大半を占めます。皆さまぜひ、遠慮せずに思いっきりベッドの上に横たわってください。そして、いつもの寝姿(姿勢)を取ってみましょう。

こうして初めて見えてくるのが、ベッドのブランドによる寝心地の違いです。「固いほうが良い」「いや、柔らかさが必要だ」などといった先入観は一旦どかして、一台でも多くのベッドをお試しください。

» 寝室(ベッド)商品一覧ページ

※商品一覧に掲載の商品は、取扱商品の一例です。様々なコーディネートとともに、ぜひホクレンホームセンターで多くの実物をご覧ください。

◆お求めやすい価格帯のソファやテレビボードの展示もひと工夫いたしました

お求めいただきやすい価格帯のソファやテレビボードといった家具の展示にもひと工夫を凝らしました

■お求めいただきやすい価格帯のソファやテレビボードといった家具の展示にもひと工夫を凝らしました

ご予算やライフスタイルに合わせた家具選びをしていただきやすいよう、お求めいただきやすい価格帯のソファやテレビボードといった家具の展示にもひと工夫を凝らしました。

ソファは平面的に配置し、実際にお座りいただいてお試しいただきやすくすることと同時に、質感やカラーの違いによるご選択をしやすく配慮しています。いわば、それぞれの商品の違いが一目瞭然。ぜひ「一目惚れ」をしにいらしてください。

また、テレビボードについては、ご使用いただくことが多いであろうリビングで、ソファとの組み合わせ(コーディネート)に気を配りやすいよう、ソファコーナーの近くに、立体的に展示させていただいております。

「このソファに組み合わせるテレビボードは…」などといった選択がしやすいよう心掛けました。

家具選びはぜひホクレンホームセンターで

良い家具、お気に入りの家具コーディネートとの出会いをホクレンホームセンターで

■良い家具、お気に入りの家具コーディネートとの出会いをホクレンホームセンターで

繰り返しになりますが、今やカタログ通販やネット通販などでも家具をご購入いただける時代です。

間に合わせの家具、とりあえずの家具であればそれでも構わないのかもしれません。

ですが、長く大切に使っていきたい家具、あるいは、お住まいのお部屋を思い描いたイメージ通りにコーディネートしていくためには、やはり家具が持つ質感までをも、しっかりと確認したうえでお選びいただくべきです。

こればかりは、カタログやネット上の画像、動画などからは得ることができない情報です。また、人の感覚は思っている以上に鋭くもあり、さらには、人によって受け止め方が大きく異なるものでもあります。

それゆえにやはり、店頭にて実物の家具をご覧いただき、納得がゆくまであれこれお試しいただきたいということが、家具選びのプロであるホクレンホームセンターとして皆さまに、声高にお伝えしておきたいことの一つなのです。

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。