- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

新生活を始める方へ!まずは揃えたい家具と一人暮らしのコーディネート

新生活を始める方へ!まずは揃えたい家具と一人暮らしのコーディネート

皆さまこんにちは。ホクレンホームセンターブログ編集部です。

本日は季節にふさわしい話題、この春から新生活を始める!という皆さまに「新生活スタートにあたっての家具購入ポイント」についてお届けいたします。

引っ越し先も無事決まり、必要となる物のリストアップを済ませ、「そうそう、家具はネットで手早く!」なんて考えていらっしゃる皆さま、ちょっと待ってください。

せっかくの新生活スタートにあたって「とりあえず手早く…」で済ませようとしている家具、たぶん半年も経たずに後悔することになってしまいます。

家具選びには、お部屋の印象を左右する「色合わせ」をお忘れなく

家具選びには、お部屋の印象を左右する「色合わせ」をお忘れなく

新生活のスタートは、「なりたいお部屋」を実現させる、またとないチャンスです。このチャンスを最大限に活かすためには、ぜひ家具選びにもこだわっていただきたいと思うのです。

家具選びやお部屋コーディネートに当たって、確実に押さえておきたいポイントは「色」です。

家具の色は、当ブログでも何度か触れてきた重要ポイントのひとつです。お部屋コーディネートの成果は「色が左右する」と言っても言い過ぎではありません。

◆床や壁、天井など面積が大きい部分の色とコーディネートしましょう

床や壁、天井など面積が大きい部分の色とコーディネートしましょう

新生活をスタートさせるお部屋は、実際にご覧になりましたか?床や天井、壁などの色あいはいかがだったでしょうか。

家具コーディネート、なりたいお部屋づくりのスタートは、お部屋の中でも大きな面積を占める床や天井、壁の色あいを意識するところから始めると失敗が少なくなります。こうした面積が大きい部分の色あいのことを「ベースカラー」と言ったりします。

このベースカラーを基準に、家具それぞれが持つ色の組み合わせを充分にイメージしましょう。ベースカラーに組み合わせる色の主人公(メインカラー)は、ソファーやベッド、チェストなどの家具、カーテン、床に敷くラグなどが相当します。

中でも特に、カーテンは油断しがちなアイテムではないでしょうか。つい、サイズや柄の好みを優先して選んでしまいがちですが、せっかくの「なりたいお部屋コーディネート」の機会です。ぜひ「色あい」から選択をスタートさせてみてください。

さらには、実物の商品を見て確かめることも、色については大切です。お部屋の中で一定の存在感を占めることになる家具、メインカラーの色あいは、微妙な「濃い」「薄い」、あるいは素材感の違いによって、お部屋の印象がガラリと変わってしまうことがあるからです。

《コーディネートのポイント》

  • ●ベースカラーに組み合わせる家具やカーテンの「色あい」「色の見え方」を3、4色程度に収めると、お部屋がすっきり、広く見えます。
  • ●「落ち着く」「シック」「ナチュラル」なお部屋コーディネートには、トーンを抑え気味の色で家具をまとめると効果的。
  • ●「明るい」「元気な」お部屋コーディネートには、明るくハッキリめのトーンを持つ家具がおおすすめ。
  • ●【NG】なのは、「好きな色だから」という理由で家具、インテリアを選んでしまうこと。お部屋の中に「色数が増えるごとに」お部屋が片付いているように見えなくなります。

一人暮らしスタート、まず揃えるべき家具とは!?

ところで、これから始まる一人暮らしに備えて揃えておくべき家具について考えてみましょう。コーディネートというよりは、必要度に応じた家具選びです。

これは皆さまのライフスタイルに依るところが大きいわけですが、お部屋で過ごす間、どのようなことをしているか?と考えると良さそうです。

◆眠る/ベッド

ベッドは「使用頻度」の高い家具!

普段はあまり意識しませんが、お部屋で過ごす時間のうち最も長い時間を過ごしているのが「ベッド」の上ではないでしょうか。とても「使用頻度の高い家具」と言えるわけですね。

ベッドと一口に言っても、実にさまざまなタイプのものがあります。フレームの素材やデザインの種類はもちろん、収納を備えたベッドもありますね。このあたりはお好み、あるいはお部屋コーディネートに合わせていきましょう。

ちなみに、左右に引き出すタイプの収納を備えたベッドの場合、実際に使用する場所で収納部分を引き出すことができるか?をしっかり確認しましょう。スペースの都合や、周りに置く予定の家具が邪魔になるなどで引き出せなくなってしまうと、せっかくの収納が、一気に「開かずの引き出し」と化してしまいます。

そして、ベッドに載せるマットは、そう簡単に決めてしまうわけにはいきません。何しろ最も使用頻度が高く、健康や美容にも直結する「家具」だからです。ここまで考えたらもう、「ベッドもネットで」なんて思いませんよね。

そのマットには、コイル(バネ)や低反発素材といった素材の違いや、固さ、寝心地、機能性などによって多くの種類があります。ぜひ実際にカラダを横たえてみて選びましょう。

◆食べる・作業する/テーブル・机

テーブル選びは「高さ」にも気を配ることがポイント

一人暮らしであれば、大きな「食卓」のようなテーブルは必要ないとは思いますが、それでもお部屋に圧迫感を生じさせない程度に、一定の大きさを備えたテーブル、あるいは机がおすすめです。

「邪魔になるし、部屋で食事をする機会は少ないかも」と小さなテーブルを選ぶと、ちょっとした際に、テーブルの上のモノをどかさなければならないという、非常に面倒な思いをすることになってしまいます。本当は普段から「テーブルの上にはモノを置きっぱなしにしない」というのが理想ではありますが、現実はそう甘くはありませんので…。

テーブルの素材や色、デザインは、お部屋コーディネートに応じて。それ以外に気を配るべきポイントとしては「高さ」があります。35cmや45cm、65cmのものなどさまざまです。これは、自分がどのような使い方をすることが多いか?について考えて選ぶ必要があります。

例えば、床に座って、テーブルには飲み物を置いてくつろぐ程度なら35cm。食事やPC(パソコン作業)などにも使うなら45cm程度がおすすめ。ソファーに座ってテーブルを使うなら65cm以上はほしい、といった具合です。これもやはり、皆さま一人ひとりで感じ方が異なると思いますので、できるだけ実際の商品で確かめておくべきポイントですね。

【テーブル選びに関する記事です】
»『見つかる!あなたにピッタリのテーブル5選。好みに合わせた選び方』
»『オシャレで可愛いテーブル&チェア新入荷!カフェや施設にもピッタリ』

◆しまう/チェスト、サイドボードなど

カラーボックスや衣装ケースではなく、チェストなどの「家具」を選ぼう!

必要度、用意すべきか否かは、お部屋の広さや収納スペースの多い・少ない、あるいは、しまうべき持ち物の量によります。

しかし、もしも「とりあえず、カラーボックスか衣装ケース、手頃なプラスチック・アイテムで代用しておこう」などとお考えでしたら、この際にチェストなどの「家具」ご購入を強くお勧めいたします。

その場合には、新生活スタートの場となるお部屋で置き場所を決め、その場所のサイズなどをしっかり測っておきましょう。

なぜカラーボックス、衣装ケースではいけないのでしょうか。それは、高さや色、質感などの違いのせいで、せっかくのお部屋コーディネートを乱す原因となりがちだからです。「コスパ」に優れたアイテムで手に入れやすいモノたちですが、頼りきってしまうと、カラーボックスや衣装ケースに埋もれた生活になってしまいかねません。皆さま、気をつけましょうね。

◆ほか

家具とは言いにくいものではありますが、忘れてはならないアイテムについて触れておきます。

それはゴミ箱。言い換えるならダストボックス

どの地域、街でも、ゴミは数種類の分別収集が当たり前です。納得のゆくお部屋コーディネートを完成させるためにも、忘れずにこだわっておきましょう。

お部屋コーディネート完成のために、ゴミ箱にもこだわりを!

皆さまが新生活、一人暮らしをスタートさせるお部屋の間取りはワンルームでしょうか?それとも1DKでしょうか。ゴミ袋がお部屋にいくつも…というのは最悪度がMaxの事態。

次に最悪なのは、せっかくのお部屋コーディネートの中で、ゴミ箱だけが異質で浮き上がってしまうこと。ワンルームや1DKの場合はなおさら、お部屋の中で目立ちます。早めにお気に入りを見つけておきましょう。

家具購入は、やはり実物を見ながら購入がおすすめです。

微妙な色あいの違いや質感、素材感。実際の大きさや使用感など、家具選びにはいくつか大切にすべきポイントがあります。皆さまにはぜひ、そうしたポイントをしっかりおさえたうえで、お気に入りの家具を見つけていただければと思います。

ところで、そうしたポイントを理解していながら「家具もネット通販」したくなるのはなぜなのでしょう。「ちょちょっと注文」したら「ぱぱっと配送」されてくる便利さでしょうか。しかし、その便利さの陰に「失敗」とか「後悔」なんかも見え隠れしています。

新生活、一人暮らしのスタートから「失敗」「後悔」なんて無用ですよね!気持ち良くスタートを切るための準備、全力でお手伝いさせていただきます。ぜひ、ホクレンホームセンターへお出かけください!

ちなみにホクレンホームセンターでも、しっかりと家具の配送、承っております。お気軽にご相談ください。

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。