- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

大切な家具を長く愛用するためには?

家具を長く愛用するためには

家具を長く愛用するためのアプローチは、すでに「家具選びの段階」から始まっています。そして、ご購入後の日常的な「お手入れ」がカギを握ります。

もしも「家具選び」に悩んだら、少し足を止めて「理想とするライフスタイル」を思い出してみる。ご愛用中の家具を前に「大切に使い続けよう!」と思ったら、日常的な家具のお手入れの基本「カラ拭き」に立ち返ってみるなど。

とても単純なことながら、こうした確固とした視点を得ておくだけで「長く愛用したくなる家具選びの方法」と「家具を長く使うためのお手入れ」を実践できてしまいます。

そこで今回は、当ブログにてご紹介させていただいた話題、方法をピックアップしつつ、「家具を長く愛用するためには?」を掘り下げてみましょう。

家具選びとは、理想のライフスタイル、大切にしたい価値感を家具で表現すること

家具選びとは、理想のライフスタイル、大切にしたい価値感を家具で表現すること

ホクレンホームセンターとしてご提案させていただいている『家具の選び方は生き方だ』というフレーズ。これぞまさに「家具選び」におけるコンセプト、出発点としていいただきたい考え方です。

『家具の選び方は生き方だ』の「生き方」とは、「ライフスタイル」のこと。

そして「ライフスタイル」とは、皆さんが大切にしたいと考えていらっしゃる「価値感の現れ」と捉え直すことができます。

すなわち、家具選びとは「ライフスタイル」=「価値感の現れ」であり、その価値感を「家具を通じてカタチに表す」ことにほかならないと思うのです。

◆家具選びにおける選択肢は、大きく2つに別れる

■何を・どんなことを基準に家具を選ぶか? が、長く愛用するための出発点

「家具選びって、そんな小難しい話だったっけ…?」

いえ。本来はそう難しい話ではないのですが、ここで文字に表してみたところ、どうにも理屈っぽくなってしまったのでした。要するに、「何を・どんなことを基準に家具を選ぶか?」という〝選択肢問題〟と受け止めていただければと思っております。

そのうえで、忘れてならないのは、先ほど述べた「ライフスタイル」「価値感」です。

「家具選び」へのアプローチには、皆さまが置かれた状況や環境それぞれに、いくつもの切り口があるはず。そうした切り口のひとつとして、次のような〝二者択一的な選択問題〟が存在すると思うのです。

◆長く愛用するスタイル? それとも消費するスタイル?

「家具選び」へのアプローチには、いくつか切り口があります。

■「家具選び」へのアプローチには、人それぞれによって、いくつもの切り口があります。

ひとつは、理想とするライフスタイル、つまり「価値感」を前面に据えた家具選びです。自らの価値感に基づいて「良いモノ(家具)」を選び、「長く愛用しよう」という選択肢。

もうひとつは、手近で手頃なモノ(家具)を、定期的に「取り替えながら使っていこう」という選択肢です。こちらは、別の言葉で表すなら「消費するスタイル」でしょうか。

世の中の空気感や風潮、傾向といった時代的背景を考えずにはいられませんが、「長く愛用する」ことが善、「消費するスタイル」は悪、などと断言してしまうつもりは全くありません。

どちらのスタイルも、皆さまがお持ちの価値感やご判断に委ねるべきもの、あるいは暮らしを取り巻く状況や環境によって変化するものだからです。

何だか、ますます小難しい話に…。いえ、本当はそんな小難しい話ではないんですよ、ほんと…

◆長く愛用するための家具選び

ホクレンホームセンターでご購入いただいた壁面収納家具をお使いのお客様宅を訪問

■ホクレンホームセンターでご購入いただいた壁面収納家具をお使いのお客様宅を訪問!

家具選びと価値感、長く愛用しようというお考えとの関連について、以前お話を聞かせていただいたお客様が、とても的確な表現をしてくださっていたことを思い出しました。

「コスト優先のあまり中途半端な製品で妥協してしまうと、絶対に後悔すると思った」と。

改めて表現させていただくならば、ホクレンホームセンターがご提供し続けていきたいのは、「愛着を持つことができる家具」「ライフスタイル、価値感をカタチに表すための家具」です。

誤解を恐れずに言い換えるなら、「良い家具」「大切な財産と感じられる本物の家具」をお届けし続けたいということ。

その点で、上記記事にご登場いただいたお客様のニーズと、ホクレンホームセンターとしてのコンセプトが、見事にマッチしていたというわけですね。

デザインやテイストから家具選びに臨む場合も「理想のライフスタイル」がポイントに

シンプリストを目指してみてはいかがでしょう

■シンプルで統一感の取れたコーディネートで、「シンプリスト」を目指してみてはいかがでしょうか?

こうして考えを巡らせてみるとやはり、家具選びとは理想とするライフスタイル、価値感に基づく「選択である」と確信。

「価値感に基づく家具選び」については、「ミニマリスト」「シンプリスト」といったキーワードともに「シンプル&ナチュラル」な北欧家具をご紹介させていただいた記事も参考になることと思います。

また、家具の色やカラーコーディネートも、理想のライフスタタイル実現という点では、無視することができない部分です。

◆メーカー、ブランドから家具選びにアプローチ

飛騨の家具札幌ギャラリー

■ホクレンホームセンター内に開設されている「飛騨の家具札幌ギャラリー」

お気に入りの家具ブランドや、「ウッディー」「モダン」など好みのテイストの家具をラインナップするメーカーから「家具選び」にアプローチする方法も、有力な選択肢のひとつです。

たとえば、このようなご紹介もさせていただいていますので、ぜひご参考に!

「家具選び」は〝健康づくり〟にもつながる!

ベッドマットの寿命を知っておきましょう。

■ベッドマットの寿命を知っておきましょう。使い続けられる期間は「長くて10年」といわれています。

家具は、理想とするライフスタイルや価値感を表すものであるほかに、「健康な毎日」を送るためにも重要な役割を果たします。「健康」というキーワードからも、家具選びのポイントを確認しておきましょう。

◆毎日、長時間接する家具ほど「健康面」に配慮した家具選びを

腰痛や肩こりに悩まされている場合のソファ選び

■ソファ選びは、座面の高さがご自身の体に合っているか?まで気を配りましょう。実際に座り比べながら選ぶのがおすすめです。

毎日、長時間接する家具の代表格としては「ベッド」と「ソファ」ではないでしょうか。

どちらの家具も、私たちの「カラダを支える」という機能を持つ家具です。そこで、「正しく」「快適に」を実現する家具選びのポイントをピックアップしてみました。

いかがでしょうか。家具選びの奥深さ…いえ、楽しさや醍醐味を、お感じいただけているでしょうか!?

実用品でありながら、暮らしに彩りを添えてくれるのが家具。そこに「健康な毎日」をももたらしてくれるのですから、「家具の実力」を知っておくことも大切なことなのかもしれません。

お子さまがいらっしゃるご家庭での「学習机選び」

学習机選びのトレンドは「長く使える」

■「長く使える」という視点においては、その学習机の「素材」や「デザイン」にご注目いただくと良いでしょう。

新たな家具のご購入や、家具の入れ替えをお考えいただくタイミングは、新築や改築、リフォーム、転勤やお引越、就職や進学など皆さまのライフイベントと一致していることでしょう。

中でも特に、お子様やお孫さんの小学校入学時期。学習机選びという機会を大切にしていただきたいと考えています。

その理由としては、お子様の健やかな成長をしっかりと支え、寄り添うことができる家具をお選びいただきたいから。

また、お子様にとって初めてかもしれない「自分だけの家具選び」という体験を、「楽しくうれしい記憶」として留めていただきたいという、家具屋ならではの思いも!

学習机選びに関しても、多くのご紹介をさせていただいています。ぜひご参考に。

正しいお手入れ方法、ちょっとしたひと手間が、家具を長持ちさせる秘訣!

家具のお掃除、お手入れ方法に迷ったら「カラ拭き」を基本に考えましょう!

■家具のお掃除、お手入れ方法に迷ったら「カラ拭き」を基本に考えましょう!

最後に「家具のお手入れ」に関する話題をご紹介してみましょう。これらは、当ブログの人気記事でもあります。

理想のライフスタイル実現のために、また、大切にしたい価値感を表現するためにお選びいただいた家具。少しでも長くご愛用していただくための情報で締めくくりましょう。

家具を長く使い続けていくための最重要必須要素とは、「愛」かもしれません

森のことば「ibuki」

■愛は、やさしい木肌の温もりや美しいデザイン、仕上げに感じる愛、ブランドストーリーに心動かされる愛など、人それぞれかもしれません。

ここまで、「家具を長く愛用するためには?」と長々とご紹介させていただきました。また、たくさんの記事をピックアップしてみましたが、それらをまとめるフレーズについて考えてみました。

「家具を長く使い続ける」、あるいは「手頃な家具を定期的に買い替える」いずれのスタイルを選択するにしても、皆さまに最も感じていただきたい感覚を端的に表すとしたら、「家具への愛ではないか?」と思うのです。

◆長く愛用できる、愛することができる家具選びもホクレンホームセンターで!

家具選びはホクレンホームセンターで!

■長く愛用できる、愛することができる家具選びは、もちろんホクレンホームセンターで!

今、お選びいただこうとしている家具に「愛を感じられるか否か」が、その家具を「長くお使いになるかどうか」の分岐点なのではないでしょうか。

愛着、愛用という言葉が示すとおり、大切にしながら、愛を持って接し続けられる家具選びを!

そのときはもちろん、ホクレンホームセンターで!!

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。