- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

飛騨の家具を紐解く【VOL.3】伝統を超えるための挑戦と選ばれる理由

飛騨の家具とは何か。3回シリーズで届けした「飛騨の匠、歴史と伝統のストーリー」も、今回で最終回(3回目)となる。最終回では飛騨の家具が選ばれる理由と、飛騨の家具のこれからについて掘り下げてみた。

「飛騨の家具」「飛騨高山の家具」が商標登録であることはすでに述べた通りである。だが、商標登録されたというだけでは、お客様からの信頼や期待は得られない。
協同組合飛騨木工連合会では高いクオリティと技術向上のため、厳格な認証基準を設けている。認証基準をすべてクリアし、さらに「企業認定」も受けなければ、飛騨の家具の名称を使うことはできない。

つまり、協同組合飛騨木工連合会の組合員にさえなれば、誰もが使えてしまうような安易な登録システムとは違うのだ。

飛騨の家具|厳格に定められた6つの認証基準をすべてクリア

hokuren_02

出典:https://kitutuki.co.jp/partnershop/1946

1,エコロジー基準
地球環境、地域環境、健康に配慮した素材や原材料等の使用、及び、製造方法に取り組んでいる組合員企業が製造した家具であること。

2、産地基準
協同組合飛騨木工連合会の組合員企業が製造した家具であり、最貧の木部加工が飛騨地域内で全て行われている家具であること。

3,保証基準
協同組合飛騨木工連合会が認定した明確な保証基準書が添付されているとともに、木部の保証期間が10年間保証となる家具であること。

hokuren_01

出典:https://kitutuki.co.jp/partnershop/1946

4,品質基準
品質に関わる法律を遵守するとともに、協同組合飛騨木工連合会が認定した「表示文、警告文、取扱説明書」が添付されている家具であること。

5,木材基準
飛騨の匠の時代から受け継がれている「木材に対する優れた目利きの技術」により選ばれた、良質な木材を使用していること。

6,デザイン基準
飛騨デザイン憲章を遵守している組合員企業が製造した家具であること。

(飛騨のデザイン憲章とは、飛騨のランドマーク(特徴)で、「日本の美飛騨デザイン」というテーマと5つの条文を掲げたもののこと)

誰もが一度は聞いたことのある「飛騨の家具」「飛騨高山の家具」だが、これほどまでに厳格であることはあまり知られていない。

飛騨の家具|お客様から愛され続ける理由と安全宣言

hokuren_04

出典:https://kitutuki.co.jp/partnershop/1946

木の家具はお手入れをすることで、何十年も使い続けることができる。だが、良さが単に長持ちするというだけではない。

年月を経て使い込むほど、手入れをするほどに、味わい深い独特の質感をもたらす。これは質の良い木材の家具で作られた家具を使う醍醐味と言えよう。

飛騨の家具がお客様に選ばれる理由は下記の通りである。

1,環境と健康に配慮した安心・安全な家具である
シックハウス対策の取り組みがされ、人に優しい家具のマークがついている。(塗料はホルムアルデヒトを含まないものを使用しているなど)。

2,純国産家具である
飛騨地域内で全て制作されている。

3、保証期間が10年である
10年間の無償修理期間がある。保証の対象は木部に限定されているが、保証期間が10年というのは安心である。

4、法令を遵守し生活者の保護に努めている
飛騨の家具の品質に関わる法律を遵守することは安心・安全の消費者生活を守るという観点からすると当然であるという。しかし、当然なことを実行に移すことは時に難しいことも。制作物責任法(PL法)、品質表示法、消費生活用製品安全法など徹底して取り組んでいる。

5、公的機関の国際基準の強度試験に合格している
公的機関(岐阜県生活技術研究所)による国際基準の耐久性試験検査の義務づけている。飛騨の家具は国際基準をクリアした強度である。

6、木材の優れた目利きにより良質な木材を使用している
木製家具業界の全国組織である「社団法人日本家具産業振興会」の事業所認定を受けている。これは合法伐採木材を使用しているという企業の証明だ。

飛騨の匠の伝統技術のひとつである「木材の選定眼」。どれほど良い木材を選んでも、乾燥方法ひとつで不良材になってしまう。樹齢100年以上の貴重な木材選定とよりよい乾燥法で適材適所に無駄なく活用している。

7,飛騨デザイン憲章に基づいたモノづくりを目指す
先人たちが育んできた技術と精神を基盤に世界に愛される飛騨デザインを目指している。

8,飛騨の匠の伝統の技と心を受け継いでいる
飛騨のモノづくり精神は飛鳥時代から1300年受け継がれてきた世界に誇れる飛騨のみの木づくり文化である。

hokuren_03

出典:https://kitutuki.co.jp/partnershop/1946

上記8つの愛され続ける理由はそのまま「飛騨の家具」安心・安全宣言となっているのだ。

飛騨の匠|「伝統は超えるためにある」夢を与える飛騨の家具

「良質の家具であることは十分に理解できた。それでも飛騨の家具はお値段が高い……」という声もある。かくいう筆者にとっても決してリーズナブルとはいえない憧れの高級家具なのだ。

ただ、世の中には上手に憧れの力を取り込み、夢を実現してしまう人もいる。

 

美容室経営、30代、男性
家具店には夢があります。仕事の合間にぶらりと立ち寄る家具店で成功したときのビジョンを思い描くのが趣味です。飛騨の家具もそのひとつ。目標達成ができたら(高価なソファーではなく)、高価な一人がけを手に入れるのが夢。ゆったりと腰をかけ、エスプレッッソマシンでいれたコーヒーで朝を迎える、と決めています。

http-::www.rafuju.jp:index.cgi?id=22224

美容サロン経営、40代後半、女性
その昔、2人の子どもを連れて離婚したとき、狭いアパートに暮らし、訪問エステからはじまりました。

当時、家具店を見に行くことが唯一のリフレッシュ。いつか自分の店を持つときは業務用ではなく、我が家のようにくつろげる良質の家具を入れると決めていました。

40代半で夢が叶い、新築の一戸建て購入。ですが、すでに格好で突っ走る年でもありません。「カッコつけるための家具はいらないよね」というと、サロンスタッフの一人が言いました。

「社長が良質の家具を入れるのは、カッコつけるためではなく、周囲に夢を与えるためです!」。

頑張ってきた甲斐があったとホロリ……。これからも、リフレッシュがてら家具店を見にゆき、さらなる夢を思い描くことでしょう。

出典:http-::nttbj.itp.ne.jp:0577361110:index.html

出典:http://nttbj.itp.ne.jp:0577361110:index.html

 

飛騨の家具に流れる伝統と歴史。飛騨の匠は言う。「伝統は守るためにあるのではない。越えるためにある」。飛騨の家具にあるのは明確なミッションと夢。いつの時代も、夢をあきらめず挑戦し続ける人の姿はカッコイイのだ。

 

参考文献/飛騨の家具のものがたり

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。