- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

新築マイホームの家具選びを始めるなら要チェック!ジョイフルホームのモデルハウスへお出掛けを

新築マイホームの家具選びを始めるなら要チェック! ジョイフルホームのモデルハウスへお出掛けを

「マイホームの新築、ご購入を考えている」とおっしゃる皆さまへ、すでにご認識いただいていらっしゃるであろうことは承知のうえで、敢えてアドバイスを! ご新居でお使いになる〝家具選び〟は、マイホーム計画段階から気に留めておいていただきたい〝悩みどころ〟のひとつ。ゆえに、家具選びに「後で考えよう」は禁物。念願のマイホームの間取りやデザイン同様、はじめからしっかりとこだわり抜いてください!

その理由は、ここで詳しく説明するまでもなく、皆さますでにご承知のことでしょう。「理想の住まい、ライフスタイル実現」のための最後のピース、そしてそれなりのご予算確保が必要となる「家具選び」のポイントはどこにあるのか? また、ご家族やご夫婦の間での好みや意見の相違に、どのように折り合いをつけていくべきか!? などなど。

今回は、こうした家具選びに当たっての〝難題〟に〝最善〟の答えを見つけるために「有効な方法とは?」という話題です。新築住宅のプロ中のプロと言うべきハウスメーカー、手頃な価格帯で高品質が人気の株式会社ジョイフルホーム様から、住宅選びと家具選びの相関についてアドバイスをいただくことができましたので、そのアドバイスに基づき、たっぷりとお届けいたしましょう!

新築マイホームの家具選びは、マイホーム計画段階からスタートさせましょう

■新築マイホームの家具選びは、マイホーム計画段階からスタートさせることが最も重要なポイント。「家具は後で」は禁物です!

新築マイホームの家具選び最重要ポイントは、ホクレンホームセンター店頭、そしてモデルハウスにあり!

ところで皆さまは、家具のデザインやインテリア・テイストを表す言葉、関連性がある表現、いくつ挙げることができるでしょうか? たとえば、こんな感じです。モダン、シンプルモダン、和モダン、エレガント、クラシック、ビンテージ、カントリー、ナチュラル、北欧、西海岸、ブルックリン、etc. ざっと思いついたものだけでも、こんなに並べられてしまいます。

こうした家具のデザインやテイストに、家具を置くお部屋で実現させたいとお考えになっていらっしゃる理想の姿や印象、イメージを重ね、さらにはそのお部屋が備える床や壁面、天井などの色あいによるベース・カラーとのマッチングを考え、そして皆さまの好みやご予算を加味して家具選びを考えるとしたら…。

なんだか気が遠くなりそうではありませんか!? どおりで、あれこれと悩んでしまうわけです。また、家族やご夫婦で意見が分かれてしまうのも、こうした考慮すべき範囲の幅広さに一因があるのかもしれません。

ならば、一体どうすべきなのか。選択肢を絞り込み、分かれがちな意見をどのようにまとめていくのがベターなのか。そこが今回のテーマであるわけですね。

【1】絶好の〝イメージ・サンプル〟を活用しない手はない!

絶好の〝イメージ・サンプル〟を活用しない手はない!

■新築マイホームの家具選びに当たっては、絶好の〝イメージ・サンプル〟となる、ホクレンホームセンターやモデルハウスを活用しない手はありません!

「どうすべきか?」という問いへの回答としては、「家具をお使いいただくお部屋のイメージに近い空間で、ディスプレイされている家具を、実際にご覧いただくことが最善である」というご提案を。

では、「家具をお使いいただくお部屋のイメージに近い空間」にはどのような場所が考えられるでしょうか。

ひとつには、手前みそながら、ホクレンホームセンターの店頭。ホクレンホームセンターでは、『家具の選び方は生き方だ』というキャッチフレーズの下、さまざまなテイストを表現したディスプレイを店頭で行い、皆さまの家具選びの一助としていただけるような展開、ご提案を行わせていただいております。

そして、もうひとつ。今回は「モデルハウス」を挙げておこうと思います。

モデルハウスは「家具をお使いいただくお部屋のイメージに近い空間」のひとつ

■モデルハウスは「家具をお使いいただくお部屋のイメージに近い空間」のひとつ

モデルハウスは、新築住宅ご購入をお考えの際には、必ず一度は訪れるであろう場所ですね。家そのもののデザインやクオリティ確認はもとより、その家で得られる〝ライフスタイル〟をも具体的にイメージすることができる、いわば理想の住まいづくりには欠かせない場所です。

ですから当然、モデルハウスには、毎日の暮らしには欠かせない家具もディスプレイされているわけです。こうしたモデルハウスを活用しない手はありません。プロのコーディネーターが創りあげたスタイル、空間を体感することができます。家具選びという視点からもぜひ、モデルハウスをご覧になっていただきたいのです。

【2】家具選びに欠かせない〝意見調整〟の「共通言語」となり得る!

■ホクレンホームセンターの店頭ディスプレイやモデルハウスは、家具選びに欠かせない〝意見調整〟の「共通言語」となり得ます!

ホクレンホームセンター店頭でご覧いただける数々のディスプレイや、新築住宅のモデルハウスはまた、家具やインテリア・スタイルに対する好みや意見が分かれがちなご家族やご夫婦にとっては、意見を出し合うための「共通言語」となり得ます。

こと家具選びにおいては、意見が分かれてしまうことになる、陥りがちなパターンがあります。それは、漠然としたイメージや抽象的な言葉、はたまたカタログなどに掲載されている、住まいの〝一部分を切り取った写真〟などに基づいた「好き」「嫌い」を出発点に〝論争〟を繰り広げてしまうこと。

まずはそうした意見の闘わせ方を避け、実際に家具が配置された空間を目の前にしながら、「こういうテイストはどう?」「こんな雰囲気、良いよね!」などと穏やかに楽しみつつ、互いの好みを伝え合うほうが遥かに〝生産的〟ではないでしょうか。

共通認識を得る経験が、後に〝共通言語〟として効力を発揮してくれます

■共通認識を得ておく経験が、後に家具選びに際しての〝共通言語〟として効力を発揮してくれます。

こうした体験、共通認識を得ておく経験が、後に〝共通言語〟として効力を発揮してくれます。「そういえば、こんなテイストが良いと言っていたな」「こういうのが好みなんだろうな」と互いの考えを理解したうえでの話し合いのほうが、当然スムーズに結論まで至るであろうことは、想像に難くありませんよね。

こうした体験をしていただく順序としては、さまざまなテイストの家具コーディネート、ディスプレイをご確認いただけるホクレンホームセンターをまず最初に。その後、モデルハウスを訪れてみるというのがお勧めです。

【3】CGや写真には〝限界〟があると心得ておくべき!

CGや写真には〝限界〟があると心得ておくべき!

■通販サイトやカタログでご覧いただける〝家具の写真〟〝お部屋のイメージ画像〟は、その家具が置かれている場所、住まいのほんの一部分を切り取った写真に過ぎません。

前項でも触れましたが、インターネット上の通販サイトやカタログでご覧いただける〝家具の写真〟〝お部屋のイメージ画像〟は、その家具が置かれている場所、住まいのほんの一部分を切り取った写真に過ぎません。

乱暴な例えではありますが、モノがあふれて雑然とした部屋の中、テーブルの上だけを綺麗に片づけて写真に収めたようなものです。全体の雰囲気、空間の中で「どのように見えるか?」「それぞれの家具の存在感など、バランスはどうであるか?」といった点については、その写真だけでは確認できません。

近年ではまた、より一層精緻なCG(コンピュータ・グラフィックス)によって、完成後のマイホームの外観などはもとより、室内の様子、家具の配置などを確認できてしまいます。家の場合は完成前、未だ存在していない建物の確認ですから、こうした技術の進歩は非常にありがたい限りです。

しかし家具選びの場合には、こうした状況を「便利になった」と喜んでばかりはいられないと思うのです。

写真やCGでは、その家具ならではの質感や素材感、風合いなどまで実感することはできません。

■写真やCGでは、その家具ならではの質感や素材感、風合いなどまで実感することはできません。

写真やCGによって確認できるのは、あくまでも〝バーチャルなイメージ〟に限られます。お部屋と家具の色合わせなどを試すには、なるほど便利。ですがやはり、その家具ならではの質感や素材感、風合い、手触り、微妙な色調、存在感などまでは〝実感〟することはできません。

ここはやはり、実際の家具、空間を確かめにお出掛けいただくのが最善。犯罪捜査ではありませんが、また非常にアナログな方法ながらも、「現場百遍」とは実によく云ったものです。

【4】優れたコーディネートを数多く見て参考に!

優れたコーディネートを数多く見て参考に!

■優れたインテリア・コーディネートを数多く見て、家具選びの参考にしていきましょう。

家具の選び方は生き方だ。ホクレンホームセンターでは、このキャッチフレーズに基づき、北欧、ナチュラル、モダン、ビンテージ、アンティークなどのインテリア・スタイルをディスプレイしています。もちろん、皆さまの家具選びの一助となるよう、こだわりのコーディネートを実現しています。がしかし、やはり〝店頭〟におけるコーディネートです。残念ながら、実際のお部屋などの居住空間での印象とは若干異なって見えてしまう事実を否めません。

その点、モデルハウスであれば、より実際のお部屋に近いイメージで、配置された家具が醸す雰囲気、存在感などをお確かめいただけます。何といっても〝お部屋のイメージに近い〟というよりは、実際のお部屋そのものですから! しかもモデルハウスのインテリア・コーディネートは、専門家であるコーディネーターが考え抜いて創りあげたコーディネートですから、細部に至るまで気配りがなされた〝最良のお手本〟となります。

そして、マイホーム新築をお考えの皆さまに、ぜひ一度は訪れてみていただきたいモデルハウスがあるのです。それが「ジョイフルホーム」のモデルハウス。

■「お客様が限られたご予算を有効に活用できるよう、ご要望を引き出しながらコーディネートさせていただいています」「ポイントとなるのは、クロス張りの壁素材の選び方。色あいや風合い、柄が鍵になります」
株式会社ジョイフルホーム・コーディネーター・小間 優子さん

なぜ皆さまに訪れてみていただきたいのかというと、このジョイフルホームのモデルハウスは、ホクレンホームセンターが取り扱っている家具を用いてコーディネートされているから! モデルハウスでご覧いただいたコーディネートを気に入っていただけたなら、ディスプレイされている家具を一式ご購入! なんていうことも可能です。

実は、今回の記事で使用している写真は、「ジョイフルホーム/北27条モデル17-01(Nearly ZEHの家)」にて撮影させていただきました。

【ジョイフルホーム/北27条モデル17-01(Nearly ZEHの家)】
http://www.joyfullhome.com/model/27.shtml

ちなみに、サラリとした風合いや雰囲気が感じられ、近ごろ人気が高まっている「西海岸風」のインテリアコーディネートがなされたリビングは、とても居心地の良い空間でした。できることなら、このままここで暮らしたい…などと!

【5】ジョイフルホームのモデルハウスへ出掛けよう!

ジョイフルホーム/北27条モデル17-01(Nearly ZEHの家)

■ジョイフルホーム/北27条モデル17-01(Nearly ZEHの家)について、高性能さや経済性の高さについてご説明いただきました。
株式会社ジョイフルホーム 企画課 課長 ディレクター 前澤 優人さん

モデルハウス名に用いられている「Nearly ZEH」とは、「ZEH(ゼッチ)<建築物エネルギー性能表示制度>」に基づく、エネルギー性能が高い住宅に与えられる認証。「ZEH」は「Zero Energy House」 の頭文字です。

撮影当日はとても冷え込んだ冬の日でしたが、モデルハウスに上がってみると足もとから暖かで、それだけでうっとり…。そのうえ、太陽光発電などによって〝一次エネルギー消費量の収支がゼロに近い〟とくれば、経済性に優れた家ということでもあるわけですね。そのような説明をうかがって納得。

家具選びやインテリア・コーディネートに関する情報を得るために訪れたモデルハウスでしたが、「新築マイホームの家具選び」に、省エネルギー性能を高めることで実現可能となる〝予算づくり〟〝住宅の経済性能の重要さ〟という視点を新たに加えていただくことができました。

モデルハウスを訪れ、こうしたお話を聞くと、皆さまもきっと「理想のマイホーム、ライフスタイルづくり」「家具選び」にあたって、〝勇気が湧いてくる〟ことと思います。ぜひ一度、ジョイフルホームのモデルハウスへお出掛けになってみてはいかがでしょうか。

【ジョイフルホーム/北27条モデル17-01(Nearly ZEHの家)】
http://www.joyfullhome.com/model/27.shtml

予算の壁を突破し、理想の住まい・ライフスタイルを手に入れるためには

 西海岸風のインテリア・コーディネートで居心地の良い空間に

■西海岸風のインテリア・コーディネートで居心地の良い空間に。理想の住まいづくり、ライフスタイル実現を大きく前進させましょう!

ジョイフルホーム一番の特長といえば、高性能な住宅を、本当に手頃な価格帯で手に入れてしまうことができる点にあります。

手頃な価格帯で手に入れられ、エネルギー性能、すなわち住まい始めた後の〝経済性能〟に優れた家であるわけですから、そこで生まれる経済的な余裕、ご予算の一部を家具選びに充てていただければ、「理想の住まい、ライフスタイル実現」へと大きく前進です!

ジョイフルホームが掲げているコンセプトのひとつ、「想いに応える住まいづくり」には、そうした願いも込められているのです。これは、ホクレンホームセンターが掲げている「家具の選び方は生き方だ」にも通じるコンセプト。だから、ジョイフルホームの家とホクレンホームセンターが扱う家具は、相性も抜群なわけですね。

【ジョイフルホーム】
http://www.joyfullhome.com

週末はさっそくモデルハウス、ホクレンホームセンターへ!

週末はホクレンホームセンターへ!

■週末はさっそく、ジョイフルホームのモデルハウス、そしてホクレンホームセンターへ!

さて、ここまでお付き合いいただきありがとうございます。より良い住まいづくり、理想とするライフスタイルの実現、そしてそのための家具選びをスタートさせる準備は整ったでしょうか。

店舗やモデルハウスへと足を運ぶことなくさまざまな情報を集めたり、ときには家具をご購入することも可能な、便利な世の中です。しかし、ここで「ひと手間」を惜しまず行動するか否か。ここまでお読みいただいた皆さまであれば、もうお気づきのことでしょう!

この週末、さっそくジョイフルホームのモデルハウス、そしてホクレンホームセンターへとお出掛けになってみませんか?

◆株式会社 ジョイフルホーム

「夢とともに生きる家づくり」を掲げ、手が届くハイクオリティーを実現しているハウスメーカー。
施工の手法や仕組みを精査することで生まれた低コストを実現し、ホンモノの家づくりにとことんこだわっているといいます。

【ジョイフルホーム】
http://www.joyfullhome.com

取材・撮影場所
【ジョイフルホーム/北27条モデル17-01(Nearly ZEHの家)】
http://www.joyfullhome.com/model/27.shtml

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。