- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

人間工学に基づいたデスクチェア3選!腰の疲れない椅子で書斎を快適に

キッチンやリビングにはこだわるけれど、書斎となるとなかなか手をかけにくい。そんなことはありませんか?
デスクや本棚、チェアなどあこがれはあれど、ご家族で使うわけではなくご自身のためだけの家具。頭を悩ませるのも仕方ないことですよね。
しかし! 時には家で仕事をしたりゆっくりと読書をしたり、自分の時間を持つなら快適な空間が必要不可欠。
それならば、書斎といえばやっぱり机と椅子。座り心地を極限まで追求したデスクチェアを選んじゃいましょう!

ゼッタイこだわりたい! 座り心地を追求したデスクチェア

syosai

書斎といえば必ずといっていいほど設置するのが机。現在ではつくりがしっかりとして、長く使える仕上がりとなっているため、幼少の頃からの学習机をそのまま愛用されている方も多いかもしれませんね。

学習机特集ページはコチラ
https://www.kagu-hokuren.com/special/gakusyu/

とはいえ、デスクチェアとなると少し様子が異なりますよね。
大人になるほど身体も大きくなるし合う形も変わってきます。特に自宅でお仕事をしていれば、椅子に腰掛ける時間は相当なもの。
椅子から立ち上がった瞬間、首周りから肩、腰などに電撃のような痛みが走った……なんていう経験がある方も多いかもしれません。

やはり大人のワークチェアには、長時間座っても疲れない、しっかりと腰を包み込んでくれる椅子がオススメ。
今回紹介する3商品は、人間工学に基づいて設計されたエルゴノミクスチェア。どれも甲乙つけがたい、それぞれの特長がありますのでぜひご覧ください。

人間工学に基づく! 長時間作業にもオススメのチェア3選

オカムラ(岡村製作所) コンテッサ

Contessa_main

グッドデザイン賞を始め各国で権威ある賞を受賞している、オカムラのコンテッサ。世界で認められている秘密はそのスタイリッシュなデザインはもちろん、革新的な機能性にもあります。

特徴的なのは、座ったままの自然な姿勢で基本的な調整が簡単に行える「スマートオペレーション」。左右のアームレストの先端にあるレバーで座面の高さとリクライニングを調整できるなど、座り心地を追求した機能が満載です。アームレスト自体もラチェット式なので、座ったままの姿勢で軽く持ち上げるだけで高さが調節できるので本当にラクですね。

透明感のあるメッシュクロス。風通しも良さそう!

透明感のあるメッシュクロス。風通しも良さそう!

実際に座ってみるとわかるのですが、腰回りがズズズっと椅子にフィットするような感覚をおぼえます。しっかりとフィットするので、いつまでも座っていられる快適さ。
ヘッドレストをつけることもできるので、首が疲れやすい方にもオススメです。

こちらが大型ヘッドレスト。これはラクすぎて仕事もはかどる!

こちらが大型ヘッドレスト。これはラクすぎて仕事もはかどる!

もうひとつのおすすめポイントが、カラーバリエーションの豊富さ。
現状のインテリアやデスクに合わせて、お好みの色をお選びいただけますよ。

なんと圧巻の12色!ビタミンカラーも可愛い。

なんと圧巻の12色!ビタミンカラーも可愛い。

■コンテッサ 公式サイト
http://www.okamura.co.jp/product/seating/contessa/

エルゴヒューマン

elgohuman_main

発想から2年の歳月をかけて考案されたエルゴヒューマン。腰への負担軽減とオールメッシュチェアという要素にこだわった、世界中で愛されるチェアです。

体型や骨格、筋肉のつき方などは人によって千差万別。平均的に「座りやすく」造られているからといって、自分にもフィットするとは限りません。とはいえ、一人ひとりオーダーメイドするのは現実的ではありませんよね。エルゴヒューマンはそうした事柄から、数多くのアジャスト機能によって個人の生活環境や身体にあった適応性の理想を追求。表面素材に使われているエラストメリック・メッシュは体重を均等に分散させ、体温や湿度がこもることがないため、座り心地も文句なし。

このメッシュ素材がハンモックのようで気持ち良いのです!

このメッシュ素材がハンモックのようで気持ち良いのです!

そして、最大の特徴といえるのが「独立式ランバーサポート」。ランバーサポートとは腰当てのことですが、通常は背もたれと一体化しており、長時間座っていると腰のあたりが痛くなってきます。
しかし、このランバーサポートを背もたれから独立させることで腰をしっかりと支えてくれる上、適度な反発が背筋を伸ばしてくれるので痛くならないのです。デスクワークには本当にピッタリ!

このランバーサポートが、長時間座っても腰が痛くならないヒミツです。

このランバーサポートが、長時間座っても腰が痛くならないヒミツです。

そしてそして、エルゴヒューマンの調整機能にも注目。リクライニングロッキング、座面昇降、座面スライドがひとつのレバーでコントロールできるハイブリッドレバーを搭載。これは本当に便利!
座面を変えようとして、リクライニング…なんていうこともなくなります。

エルゴヒューマンには様々な商品タイプがありますが、長時間座るという方には特に、オットマンつきの商品、エルゴヒューマンプロ オットマンがオススメ。

オットマンがあるとさらに快適!このまま眠れます。笑

オットマンがあるとさらに快適!このまま眠れます。笑

ちなみにカラーバリエーションはこちらも12色です。最近のデスクチェアは色味が豊富でいいですね。

ホクレンホームセンター店舗では実際の素材でできたカラー見本が見れますよ!

ホクレンホームセンター店舗では実際の素材でできたカラー見本が見れますよ!

■エルゴヒューマン 公式サイト
http://www.ergohuman.jp/

ハーマンミラー アーロンチェア

aeron_main

アメリカを代表する家具ブランド、ハーマンミラーの代名詞的な商品で、憧れの椅子ともいわれるアーロンチェア。世界で初めてシートクッションを取り除き、メッシュを採用したのが、こちらの椅子。
ほぼすべての人にフィットするという、座り心地はもちろん機能性も高いワークチェアなのです。

メディアでの露出も高く、口コミも高評価が本当に多いので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

作業内容や体型などによる着座感の違いを調査した上で開発された、ポスチャーフィット・オプション。体型や体格に合わせて骨盤と背もたれの隙間を埋めることにより、健康的な着座姿勢を保ち、快適な座り心地を実現してくれる、骨盤のサポート機能が搭載されています。

シートの高さやリクライニング、前傾チルトなども、もちろん細かく設定できるので、ご自分の最適なポジションを見つけていただけるはず。

aeron

実際に腰掛けると思ったよりも座面は硬く感じました。しかし、その感触が非常に心地よくずっと腰掛けていても疲れることがありません。メッシュ生地が体重を分散し、腰回りをしっかりと包み込んでくれる印象がありました。座り続けるほどに、その居心地のよさを感じられそう。さすが、椅子の王様です!

■ ハーマンミラー 公式サイト(アーロンチェア特集)
http://storesystem.hermanmiller.co.jp/fs/hmjapan/c/aeron_chairs_special_topics

椅子を選ぶ時に大切なこと

chair

いかがでしたでしょうか。人間工学という科学的な観点から座り心地を追求した、デザイン性の高い3つのチェア。ベッドや椅子など、オンラインで買う機会も多いかもしれませんが、やはり一日の長い時間を共にするものこそ、実際の寝心地や座り心地を試してから購入を決めてほしいもの。安くはない買い物ですから、心ゆくまで悩んで悩んで「コレだ!」と思う一台を手に入れてほしいと思います。

とはいえ、店舗で何時間も椅子に座り続けることは難しいので、ご自身の生活環境やワークスタイルを把握しておくと、とても役立ちますよ。
たとえば、パソコンを使う仕事であれば背筋を伸ばした状態でディスプレイを見ることが多くなるので、腰のサポートがしっかりとしていて、ヘッドレストがついているタイプがいいかもしれません。
逆に机で文書を書いたり前傾姿勢が多い方であれば、座面が前に傾いているタイプの方が疲れが少なく済みます。

今回ご紹介したソファはもちろん、お客様のご希望や環境・身体に合わせて最適のチェア選びをお手伝いさせていただきます!
ぜひぜひ、ホクレンホームセンターへ遊びに来てくださいね!

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。