- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

【保存版】お掃除でエクササイズ!代謝アップしながらお部屋も体もキレイに

新年明けましておめでとうございます。みなさまはどのようなお正月をお過ごしになられましたか。お正月といえば恒例行事「新年の目標を定める」です。わたくしは動画配信サイトHULUで懐かしいドラマ「夢をかなえるゾウ」を見て、「今年の目標」を決めました。

ドラマでは小栗旬さんが演じる普通のサラリーマン野上耕平が「カメラマン」になりたかった夢を思い出し、再チャレンジするというストーリーでした。わたくしもやりたかったのにやれなかったことにチャレンジする1年にしたいと思います。

夢を叶えるのに、大切なのは「体力づくり」です。ホクレンホームセンター新年初のブログは毎日の家事やお掃除、やり方をちょこっとチェンジして、体もキレイにするエクササイズです。「願望達成」しやすい体づくりをサポートするパーソナルトレーナーSHIHOさんにお越し頂き、ホクレンホームセンターの展示スペースを舞台に、運動効果はもちろん、運気も代謝もアップする掃除方法をレクチャーしていただきました。

飛騨の家具札幌ギャラリー(ホクレンホームセンター内)で、やせちゃう掃除法を伝授する、パーソナルトレーナーの宮田志帆さん。

もともと運動が好きでフィットネスジムに通う人にも、そもそも運動が嫌いで運動不足が気になっている人にも朗報!

体は使う筋肉を意識するだけで、驚くほど確実に変化していきます。普段の暮らしで、あまり使わない筋肉を、掃除の時に意識して使うだけで、代謝がよくなり、消費カロリーもアップしちゃうのです。毎日の掃除を筋トレにチェンジして、たるみにさよなら。掃除でボディラインを美しく変えちゃいましょう。

こんにちは!札幌でパーソナルトレーナー&栄養士として活動しております、ラファールのSHIHO(シホ)です。2017年8月に札幌駅徒歩4分、女性の美容と健康のためのプライベートサロンSHIHOSをオープンしました。

主な活動は、「健康的に美しくなるためのトレーニング」と「食事アドバイスの個別レッスン」です。また、行政・民間企業様とも連携し、子どもから高齢者まで幅広い世代の健康維持増進・体力向上のための『食と運動』からのアプローチを行っています。

筑波大学体育専門学群在学中に自身の怪我の経験から、栄養過不足や精神面が怪我の治癒にも大きく関わることを実感。運動・栄養・ココロ・カラダについて考えるようになり、大学卒業後、「健康運動指導士」と「栄養士」の資格を取得しました。2つの専門領域を合わせて、2013年9月から「食」と「運動」の2つを主軸とした活動を開始し、2017年4月までに2歳〜80代まで延べ500人以上の体の悩みやダイエットなどの目標達成をサポートしてきました。

おかげさまで、新聞、雑誌、ラジオなどメディアのみなさまからも多数出演依頼をいただき、主催するセミナーや体幹トレーニングのワークショップは毎回満員御礼となるご盛況を頂いており、また、今回、ホクレンホームセンター様で、「運動のすばらしさ」を伝えさせていただける機会をいただき、ありがたく思っております。

リビングがフィットネスジムに!? いつもの掃除をやせちゃうエクササイズに

1年のほぼ半年間が雪に閉ざされる北海道では、冬場の運動量が極端に低下する傾向にあります。
また、雪道を転ばすに歩こうとして歩幅が狭くなり、すり足の状態が続くと、知らず知らずのうちに脚の筋力が低下してしまう危険があります。
健康の維持増進はもちろんのこと、美しいカラダ作りのためにも、冬場に室内でできる運動はとても効果的です。

本日は、ヨガマット1枚分、たたみ1畳(じょう)分のスペースがあれば誰でも自宅で行える運動をお伝えします。美しいボディラインを手に入れるには、
毎日の行う家事をエクササイズとして「習慣化」することが大切です。家事・掃除を無理なく効率的に取り入れられる運動にしてしまえば、非常に高い効果が期待できます。

「場所がない」「時間がない」という理由で、諦めてしまってはもったいなく、「今、ここ」で、できる運動を1つでも始めてみることが、健康で元気に過ごすためのキーポイントになるかもしれません。

家事をエクササイズにチェンジする4つのメリット

  1. 時間と場所を確保しなくても、家の中で毎日行えるため、日常に取り入れやすい。
  2. 肩や腕、脚などの末端だけでなく、体全体の筋肉を大きくを使うことで、柔軟性の維持・向上や肩や腰の怪我予防につながる。
  3. 体幹を意識して行うことで、お腹周りやお尻の引き締めに効果的。
  4. 体全体の運動量が増え、代謝アップ・ダイエットに効果的。

家事・掃除を運動にチェンジする5つの方法

それではさっそく、家事・掃除を運動(エクササイズ)にチェンジしてみましょう。

1.洗濯ものをたたむ(開脚、足裏合わせ、片脚を折りたたんで前屈ストレッチ)


全てのパターンに共通するポイントは、背中を丸めずに鼠蹊部(太ももの付け根)から上体を前に倒していくことです。
開脚前屈バージョンは、主に内ももがストレッチされます。

足裏合わせバージョンは、お尻から腰にかけての運動になります。

片足を折りたたむバージョンは、伸ばしている脚の内ももと、脚を曲げている側の体側がストレッチされます。

2.ランプシェードを拭く(つま先立ち)


ポイントは、つま先立ちをすることと、肩をすぼめないことです。爪先立ちはふくらはぎの引き締めに効果的です。

また、その際にお尻の穴を締めるように意識すると、お尻の引き上げにも効果が期待できます。つま先立ちは茶わん洗いや料理の時にも!

肩をすぼめずに首筋を長く保つことで、美しいデコルテライン(鎖骨から胸にかけて)や脇肉のシェイプアップに効果が期待できます。

3.掃除機・モップをかける(前後開脚腰入れスクワット)

ポイントは、背中を丸めずに腰から踏み込んでお腹に力を入れることです。背中を丸めて首をすぼめてしまうとお腹に力が入りにくくなります。

首すじは長く、腰を入れて踏み込むことで、下腹部に力が入り体幹が安定します。そうすることで、首や肩、腕で頑張らなくても体全体で動けるようになります。写真はモップですが、掃除機がけにも使えるので、お試しくださいね。

4.テーブルを拭く(片足立ち)


ポイントは、片足立ちになり、浮かせている方の膝を90度に曲げることです。浮かせている側のお尻、腿うらや、立っている側のお尻に力が入り、腰回りの筋力強化、美尻作りに効果的です。

5.収納家具・窓を拭く! 低い位置のぞうきんがけ(四股踏み)


ポイントは、背筋を伸ばすこと、膝を内側に入れないことです。大きく脚を開脚して四股を踏むような姿勢で行います。背筋を伸ばして少しお尻を後ろの突き出すような姿勢で行います。壁や窓、食器棚など、首から下にかけての拭き掃除の際に行いたいエクササイズです。真下に体を落とすように体を上下に大きく動かしながら行います。体全体を使うことで、腕や肩腰への負担が減るとともに、太ももの引き締め、ヒップアップに効果が期待できます。

撮影を終えて

SHIHOさんも魅了された、いつかは置きたい飛騨の家具。ホクレンホームセンターでご覧いただけます

今回の取材で、幼い頃ホクレンホームセンターに来た記憶がうっすらと蘇ってきました。父の職場がJA関連の会社だったこともあり、ホクレンホームセンターには時折、足を運ぶことがありました。その時に、きれいにディスプレイされたショールームが楽しくて、ワクワクしていたことが思い出されます。

取材でショールームスタッフさんとお話することができました。季節感のあるハンドメイド小物が置かれていたり、それぞれの家具についてのエピソードを伺い、家具が人々の生活の中に溶け込んでいくことをイメージされて、人に寄り添うご提案をされていることを感じました。

家事エクササイズの中で飛騨の家具を使う場面がありました。ちょうど昨年友人の結婚式で飛騨に行った際に飛騨の家具のお店を見る機会があったのです。飛騨の家具がお部屋にあると、途端に荘厳さと温もりがある神秘的な空間になることに驚きました。年を経るほどに味わいの増していく飛騨の家具。いずれ自分の家にも置きたいです。

大好きな家具に囲まれて綺麗に使っていく日常の営みの中で、ぜひ今回の「家事エクササイズ」も取り入れてみていただけたらと思います。

 

《ホクレンホームセンターブログ編集チームより》
SHIHOさん、ありがとうございました。家事やお掃除をエクササイズにチェンジして、「夢の叶う幸せ体質」を作りたいと思います。

情報提供・撮影協力/ラファール代表SHIHOさん。
ホームページhttps://laughaul-shihos.com

 

 

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。