- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

収納から学習机まで!自立をたすける「子ども部屋」のつくりかた

こんにちは、ホクレンホームセンターブログ編集部です。

お子様が大きくなると、「じぶんの部屋がほしい!」という声が聞こえてくるのは時間の問題かもしれません。そこで今日は、子ども部屋をそろそろ用意したほうががいいかな・・・?と考えている親御さん向けに、インテリア作りの参考にしていただけそうな情報をまとめました。

f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s

こども部屋&こども専用スペースは、自立の場所

まだお子様が未就学児という場合は、小学生になってこども部屋を与える前に、リビングの一角に小さなデスクを置くなどしてもいいでしょう。学習机ではなくても、幼児にぴったりの机と椅子でもいいですね。ホクレンホームセンターでも、リビングにおいてもインテリアの邪魔をしない学習机を多種ご用意しています。目の行き届くところで勉強をしてもらいたい、というご家庭にも喜んでいただけると思います。

「◯◯◯(お子様の名前)専用スペース」を家庭内につくることで、お子様がここは自分の場所だということを認識するようになります。お気に入りの家具を一緒に選んでみてはいかがでしょうか。「いつでもきれいに整頓しておこう」という気持ちがお子様自身に芽生えるかもしれません。

初めての一人部屋はいつがいい?

〜自分の部屋を欲しがったら〜

小学校に上がる頃には、そろそろ自分の部屋を欲しがるかもしれません。早くから自室を与えることで、自己管理や自立の精神を幼い頃から身につけることができるというねらいがあります。

しかし一方で、親の管理が行き届かなくなり、子どもが考えていることがわからなくなったり、何に興味をもっているのか知ることが難しくなってしまうかもしれません。

子ども部屋を用意するタイミングに正解はありませんが、小学校入学頃が目安。未就学児ならば親と共同でも収納スペースが確保できるかもしれませんが、小学生になると一気に荷物が増えます。

762811fcd79231bf54d8d1bf01b468a4_s

ランドセル、教科書、楽器、書道セット、絵の具セット、学校から毎日のように配られるプリント類、着替え・・・etc

51d0f2d5fc9ecdbb54d9fa40a48d456e_s

着替えや道具の準備は、親御さんが主体となっておこなっている場合が多いのではないでしょうか。けれど小学生になったら自立の一歩として、お子様自身が自分の意思でやってみることも大切です。そういった側面でも「自分の場所」である子ども部屋は大いに活躍が期待できます。

ご自宅の都合など、狭いスペースでやりくりする場合もあるかもしれません。すぐに部屋が用意できないとき、ただ頭ごなしに「ダメ」と言ってしまうと、子どもは我慢できたとしてもなかなか納得はできないこともあるかも知れません。

自分の部屋を欲しがるということは、自立心が育まれてきた証とも言えそうです。スペースがすぐに用意できなくても、おうちの中にパーテーションやカーテンなどを使って専用エリアを仕立ててあげたり、自分だけの家具を用意してあげるだけでも、特別感が増すかもしれません。お子様とよく話しあった上で、各ご家庭に合ったベストな選択肢を見つけていただければと思います。

子ども部屋コーディネートのポイント

(1)お子様の成長に合わせた家具を選ぶ

未就学児のときは安全性を第一に考えたいものです。具体的にはカドや出っ張っている箇所がない、丸みのある家具やガラスが使われていない家具を選ぶのがおすすめです。

お気に入りのおもちゃや絵本を収納できる、本棚も兼ねたシェルフがおすすめです。おもちゃは床いっぱいに広げて遊ぶでしょうから、遊んだあとに戻す場所が決まっていれば、きちんと片付けることを教えられます。

片付けがある程度できるようになったら、次は少し難易度を上げて、日々の会話からお子様の片付け力を引き出してみてはいかがでしょうか?種類やものによって収納場所を決め、「出したら出した場所に戻す」ことが当たり前の習慣になれば良いですね。

(2)片付け場所を確保

子どもが年少〜年中のうちは、お子様専用の大きな家具がなくとも、「片付けスペース」を意識しておきたいです。こまごまとしたおもちゃをその年齢のうちからきれいに片付けるのは難しいので、いっぺんに放り込めるタイプの箱を用意することをお勧めします。シェルフ内に収納すれば、たとえその場所がリビングだとしても見た目にも綺麗ですし、時間短縮で片付けられます。

前述のように、幼児期に片付けの基本を身につけることができたなら、次はもう一段ステップアップ。種類やものによって収納場所を決め、「出したら出した場所に戻す」ことを習慣づけましょう。加えて、「おもちゃはこの場所にしか入れられない」と意識付けることで、物があふれてしまうのを防ぐこともできます

洗顔や歯磨きと同じように「当たり前のこと」と認識させることが重要です。「三つ子の魂百まで」といいますが、幼い頃の日課は大人になってもきちんと身についていることが、やはり多いはずです。

整理する習慣をつけることは「自分自身の思考を整理すること」とも言われます。片付けをするだけでなく、「こんないいことがあるんだよ!」とお子様に伝えて、どうして片付けるといいのか?と、目的をきちんと考えることができる思考を育ててあげるといいかもしれません。

(1)おもちゃを踏んづけて壊したり怪我をしたりすることが減る

(2)おもちゃを無くさないので、いつもすぐに遊びたい時に目的の物が取り出せる。

(3)片付ければ場所が広くなり、また新しい遊びができる

など、「片付けをすることで得られること」を伝えるようにしましょう!物によってしまう箱の色を変えてあげれば色の名前も同時に覚えられますね。

cst10-set

https://www.kagu-hokuren.com/items/detail/66

収納セット(タンス・チェスト)シンプルミッキー

当店ではこのようなお子様部屋向きの収納棚をご用意しています。片付けが楽しくなりそうだと思いませんか?

きょうだい共同部屋のインテリア

マンションなどで子ども部屋が1つしか用意できない場合、子ども部屋のインテリアをどうするか?は議論になりますよね。そこで以下も参考にしてみてください。

(1)姉妹

女の子の部屋には「ピンク色」や「白色」「ナチュラルウッドカラー」などが映えます。ピンクは風水的にも「礼」を育てる色とされています。色のついたラックを幾つか組み合わせるなどして、「共通の本棚、ラック」として収納場所も、可愛らしさも叶えてくれます。

特に女の子でしたら自分の趣味やおもちゃなどをコレクションしたり、並べたりもしたいもの。持ち物を展開できるスペースがあるといいですね。

(2)兄弟

明るい青色や黒色を使ったコーディネートがオススメ。青色は鎮静効果があり、気持ちが落ち着く色です。男の子は活発な子も多く、特に兄弟ともなるとけんかしながら育っていくパターンもよく見られますよね。ひとつのおもちゃを競って押し合いになることも少なくないのでは。そういった状況を想定して、できるだけ頭をぶつけても大きな怪我につながらならないよう、家具や雑貨は最低限にとどめ、特にガラスや角のあるテーブルを置くことは避けましょう。大きな収納ボックスを人数分用意して、個々の持ち物を専用のボックスに仕舞うようにすることで、自分のものと相手のものとの違いを意識できる練習になるかもしれません。

(3)兄妹、姉弟などの異性のきょうだいの場合

一般的には、どちらかが思春期になるまでは同室という場合も多いようです。お子様のタイプや関係に合わせて考えてあげてください。

(4)思春期になったら

どうしても部屋が1室しか用意できないという場合でも大丈夫。多少の費用はかかりますが、持ち家であれば1室を分割する工事をするのも打ち手のひとつ(10万円くらいでできるようです)。

そのほかアコーディオンカーテンをつけたり、パーテーションを置いてプライベート空間を保ったり、広い部屋を3つに間仕切りして、2人それぞれの空間+共有空間にしてもOK!

2段ベッドの片方にカーテンを設置し、お互いが見えない空間を作るなど創意工夫次第で個別空間を作れます。女の子の場合は「着替えスペース」が必要ですから優先的に確保しましょう。

小学生になる前に用意しておきたいもの

小学生になってすぐに必要な家具に、まずは学習机が思い浮かびますよね。来年新入学という場合はそろそろ買い時です。保育園、幼稚園から一気に環境が変わります。家でも徐々に慣らすように、冬の間に学習机を買ってあげて、座って読み書きができるよう促してみてください。

子どもの成長や時代の変化によって持ち物はどんどん変わっていきますから、デザインはシンプルなもの、過度な装飾や流行に左右されない机を選んでおけば永く愛用してくれると思います。

ホクレンホームセンターではスタンダードな学習机以外にも、ベッドと一体型になったものや、シェルフやチェストを自由に配置できる学習机も人気です。

16_LDL_099_SK_SP

https://www.kagu-hokuren.com/items/detail/228

学習家具 −スタディアップデスク−arf(アルフ)

 

15_HCM_726_WWLP

https://www.kagu-hokuren.com/items/detail/236

学習家具 −ミドルベッドデスク−Cotto CONPO(コットコンポ)

16img

学習家具 −組み合わせデスク−No.16

https://www.kagu-hokuren.com/items/detail/251

お子様にとって自立の場所となる自分専用スペース、自分専用のお部屋づくり。大切なことだからこそ、良い物を選んであげたいですよね。

ホクレンホームセンターではお子様の人数やお部屋に合わせた家具をご提案いたします。ぜひ一度子ども部屋コーナーにてお気軽にご相談ください。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。