- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

ベッドマットって何年持つの?買い替え時期を知って眠りの質を改善しよう!

みんな知りたい眠りの秘密。ベッドマットの買い替えのタイミングはいつ?

「よく寝たつもりでも疲れが取れない…」ですとか、肩こりや頭痛、腰痛が「最近ちょっとひどくなったような気がする」という皆さま、今すぐ寝具(マットレスなど)をチェックしてみましょう。

「ベッド派」の皆さまは特に、ベッドマット(マットレス)が【要チェック】です!

睡眠不足感や肩こり、頭痛、腰痛は、とうの昔に「寿命」を迎えてしまっているベッドマットが原因となっているのかもしれません。

また、幼児から高校生くらいまでのお子様がいらっしゃるご家庭では、お子様のベッドマットついて、しっかりチェックしてあげてください。

大人も子どもも、日々の健康や健やかな成長は「夜、眠っている間につくられるもの」です。今回は、そうした大切な時間を過ごす寝具、特にベッドマットについての話題をお届けいたします。

【関連記事】
『世界のベッド体感フェア』開催中! 有名ブランドベッドをお試しいただくチャンスです。2017年6月11日(日)まで!もご覧ください。
※2017年5月30日 公開

ベッドマットの購入を検討されている方必見!家具まとめ買い応援セールもご覧ください。
※2017年4月26日 公開

ベッドマットの寿命を知っておきましょう。

ベッドマットの寿命を知っておきましょう。

■ベッドマットの寿命を知っておきましょう。使い続けられる期間は「長くて10年」といわれています。

お使いのベッドは、どのくらいの期間お使いでしょうか? その間、ベッドマットを買い替えたことはありますか?

ベッド本体(フレーム)は、しっかりつくられている製品であれば、多少の年月が経過していても「全く問題ない」「ときどきネジの緩みなどをチェックする程度で良い」という場合がほとんどです。

しかし、ベッドマット(マットレス)となるとそうはいきません。

◆ベッドマットの寿命は、長くて10年

毎日、私たちの体重を支え続けているベッドマットは、素材(材質)やお使いの状況(体重や使用頻度などの使い方)によって異なるものの、使い続けられる期間は「長くて10年」といわれています。これをひとつの目安としてお考えいただくと良いでしょう。

しかし、10年経たずして寿命を迎える場合もあります。

◆寿命を過ぎたベッドマットが体の歪みの原因に…

ベッドマットは体を支える部分、主に中央部からヘタリが現れてきます。その結果、部分的に凸凹してしまったベッドマットで寝続けることになってしまいます。

そのことが体の歪みにつながり、肩こりや頭痛、腰痛などになっていく。また、寝返りをうちにくくなり、よく寝たつもりでも疲れが取れない…といったことに!

そしてこれが成長期にあるお子様である場合は、さらに影響は深刻。「おさがり」のベッドを使い続けている場合などは、特に注意が必要です。

ベッドマットの「買い替え時期」チェックポイント

ベッドマットの「買い替え時期」チェックポイント

では、具体的にはどのようなところに気をつけて「ベッドマットの買い替え時期」を判断べきなのでしょうか?

スプリングが使われているベッドマット、ウレタンなどの素材でつくられたベッドマットのいずれにも共通している「買い替え時期を判断するための重要ポイント」をリストアップしてみましょう。

いずれも寝具の上からではわかりにくい場合がありますので、シーツやベッドパッドなどをいったん外してから確認するようにしてください。

【1】ベッドマット中央部分にへこみや凸凹がある

最も判断しやすく、なおかつ重要視すべきチェックポイントです。

私たちの体重を支えてくれる部分がへこんでいるのは、すなわち「へたり」のサインです。最も凹みが現れやすいのは、一番体重が掛かる「腰」「おしり」の部分。凹みが生じている場合は、既にベッドマット買い換え時期を迎えています。

ウレタンなどのベッドマットの場合は、体を横たえることが多い位置に体の跡が残っている、あるいは、体の跡が残りやすくなってくることが「買い替えのサイン」です。

ベッドマット表面に凹みが現れると、就寝中の体が不自然に折れ曲がる姿勢となり、体の随所に負荷が生じます。寝返りをうちにくくなる、あるいはその逆に、寝苦しさから寝返りの回数が増えてしまうケースもあり、その場合は、夜中に何度も目がさめてしまう原因にもなり得ます。

こうしたことが積み重なっていることが、がんこな肩こり、頭痛、腰痛などの原因になっているのかもしれません。

【2】ベッドマットがきしむようになった

スプリング(コイル)を用いているベッドマットの場合ですが、きしむ音が聞こえ始めていたら、買い換えの検討が必要です。

きしむ音が聞こえ始めているベッドマットは、おそらくチェックポイント【1】や次にご紹介する【3】の状況が同時に起きている可能性は高いものです。

また、スプリング(コイル)がきしみ音の主要な発生源となっている場合は、スプリング(コイル)そのものが寿命を迎えています。

【3】ベッドに横になると「スプリング(コイル)」が感じられる

スプリング(コイル)が用いられているベッドマットの場合、表面のマット部分がへたってくると、ベッドマット内部のスプリング(コイル)の感触が背中に感じられることがあります。

「スプリング(コイル)の感触」がはっきりわかるような場合は、できるだけ早めの買い替えをおすすめいたします。

最悪の場合、スプリング(コイル)が表面のマットを突き破って飛び出してくることがあります。スプリング(コイル)の感触が感じられる場合は、ベッドマット表面布地の破れなどにも注意するようにしましょう。

買い替えまでの間は、ベッドパッドなどを利用して、就寝中の体が不快感や違和感を感じることが無いようにしましょう。

ベッドマット選びに悩んだら…

ベッドマット選びに悩んだら…ホクレンホームセンターへ!

ベッドマットは、硬さや感触など人それぞれの好みや、体が必要としている機能性などが異なります。また、日々の健康や健やかな成長は「夜、眠っている間につくられるもの」という点を考えると、皆さま「一人ひとりの体に合ったベッドマットをお選びいただきたい」と思わずにはいられません。

ベッドマット選びに悩んだら、ぜひホクレンホームセンター店頭にて、さまざまなタイプのベッドマットに体を横たえてみてください!

本当に良いベッドマット、体に合ったベッドマットは、「寝てみた瞬間に違いがわかるもの」ですよ!

 
世界のベットの試し寝!体感してみませんか。
『世界のベッド体感フェア』開催中! 有名ブランドベッドをお試しいただくチャンスです。2017年6月11日(日)まで!
※2017年5月30日 公開

ベッド・ソファを買うならまとめ買いがお得です。
『春のインテリアセール』開催!家具の買い替えを検討している方、こちらの記事もご覧ください。
※2017年4月26日 公開

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。