- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

夏の家具を片付けよう!家計にやさしいお手入れ法とアイディアグッズ

こんにちは。ホクレンホームセンターブログ編集部です。夏の暑さもすっかりやわらぎ、秋の風を感じるようになりました。
そろそろ、扇風機やアウトドアグッズなど夏に活躍した家電など期間限定の家具を片付けたくなるシーズンです。

そんな時、ただ、しまうのではなく、来年、快適に使えるにように先のことを考えて片付けてこそ賢い主婦といえそう。
そこで、お片づけから暮らしと家計をプラスに導く、札幌在住の整理収納アドバイザー井下佳子さんにお話しいただきました。アウトドアグッズのお手入れ法や収納法もお見逃しなく!!

13819697_1097977910281121_634156212_n

そろそろ秋の気配、夏の家具のしまい方とお役立ちグッズのいろいろ

暑さ寒さも彼岸までと言いますね。私の住む北海道は、夏でもからっとして過ごしやすいのですが、今年は蒸し暑い日が続きました。クーラーを取り付けるご家庭も増えているようです。

そんな中、扇風機をフル稼働で乗り切ったわが家ですが、よーく見てみると、羽根に結構なほこりが付着しています。

さらには、夏用に玄関に敷いていた、爽やかな色合いの玄関マット。こちらも良く見るとうっすらと黒ずんでいるではありませんか!夏に活躍してくれた家電や家具にインテリア用品、以外に汚れていますよ。しまう前にしっかりとお手入れをしてあげましょう。

扇風機の汚れはフローリング用のドライシートでお手入れもラクラクに。

扇風機は、羽根だけではなくカバーの細かな網目にもほこりが絡みついています。まずはカバーを取り外して、お手入れしていきます。14202921_1008391735945322_1681248084_o

羽根についたほこりは掃除機で吸い取ったり、フローリング用のドライシートで取り除きます。カバーの網目についたほこりは、刷毛で払いながら掃除機で吸い取るときれいになりますよ。

汚れが気になるなら拭いてみましょう。一般的には中性洗剤を薄めて拭くようですが、私のおすすめは、アルカリ電解水のクリーナーです。水なので二度拭きがいりませんし、アルカリ度が高いので汚れがとてもよく落ちるんです。

14194288_1007262482724914_1195739329_n

さて、拭きとってよく乾かしたら収納です。不織布の扇風機カバーは100円ショップでも手に入ります。

14202998_1008391789278650_1441009175_o

い草のラグマットは保管方法に気をつけて。夏素材のマットやカーテンをしまう方法

夏の間だけ、涼しげな素材や色合いのインテリア用品をお使いになる方も多いでしょう。玄関マットやカーテンなどは、洗濯機で洗えるものが多いので、ネットに入れて洗濯をすればOKです。

気をつけたいのは、い草のラグやマットです。い草は、森林の香りとさらさらした肌触りが特徴の和素材のアイテムです。い草は基本的に水や直射日光に当ててはいけません。乾いた布で拭いて、日陰干しをしてからしまいましょう。

キャンプやバーベキューでフル活動したアウトドアグッズもしっかりお手入れ、収納もバッチリ!

海に川に湖に!夏といえばバーベキューですね。天気の良い日に家の庭やガレージで、またはキャンプでと、バーベキューなしに夏は語れません。ですが、楽しさと美味しさの後には、油や土などの汚れが付き物です。「楽しいのはいいけど後片付けが面倒。」という気持ちもわかりますが、シーズンオフにはしっかりと汚れを落としましょう。

FotorCreated
アウトドアグッズには、テーブル&チェア、バーベキューコンロ、クーラーボックス、食器などがありますね。

アウトドア・レジャーの現地でやることとしては、土や泥、草をほうきできっちり掃う事です。泥は乾かしてから掃うと掃いやすくなります。帰宅したら、汚れを落としていきます。油汚れはアルカリ電解水クリーナーやセスキ炭酸ソーダのスプレーを拭きつけて拭きとります。クーラーボックスは、中をさっと水ですすぎ、アルコールスプレーで拭きあげます。

14218256_1007262589391570_1492897739_n

食器類は食器用の洗剤で洗ったら、フタ付きの透明なケースに入れます。そこで是非お勧めしたいのが、中身の写真をケースに貼ることです。そうすることで、「あれどこだっけ?」という事も減りますし、後片付けがぐっと楽になって、アウトドアを気軽に楽しむことが出来ますよ。

14191452_1008391852611977_812925848_o

来年の夏、気持ちよく使う事が出来るように、ちょっとだけ手間をかけてみましょう。

井下さん、ありがとうございました。しっかりとお手入れをしてから保管すると、長く使えてエコ&経済的ですね。品数が多くなくしてしまいがちなアウトドア用品など透明のケースに入れて一箇所で保管。シールを貼るなど中身をわかりやすくすると、余分な買い足し防止にもなりそうです。

 

Profile 井下佳子(イノシタケイコ)

t02200330_0299044813357976257

+plus K(プラスケイ)代表。整理収納アドバイザー1級、ファイリング・デザイナー2級、2級FP技能士、シニア・ライフ・コンサルタント(生命保険協会)。お片づけから暮らしと家計をプラスに導くお手伝いをしています。暮らしを整えて家中の見通しをよくすること、それが、幸せスパイラルのスタートです。

≪おもな経歴・講師≫

札幌子育て支援センターちあふとよひら「子どもが片づけたくなる!問いかけと収納術」
しゅふきた主催「時短の整理収納セミナー」
ジョブカフェ北海道「ファイリングの基本を学んで思考の整理術」
快適な暮らしフェア2016クリナップ「整理収納セミナー」他

≪おもな活動≫

2015.6~女性の癒しと学びのサロン メゾン・ド・クレムリン代表。HP/Facebook

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。