- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

お部屋にちょっと秋の気配を!イメージを変​える小物活用術まとめ

照りつける夏の陽射しは終わり、秋の訪れを感じる季節になりました。インテリアも、カラフルで大胆な夏色カラーから、暖かみのある秋色のカラーへとチェンジしていきます。皆さんは、お部屋の模様替えはお済みでしょうか?ホクレンホームセンターでは、お部屋をイメージチェンジさせる秋の小物活用術をご提案します。

・秋のインテリア小物【選び方】

まず始めに、選び方。インテリアには、オータムカラーを意識しましょう。可愛らしいチョコレートブラウン、こっくりとしたマスタードイエロー、渋いモスグリーン、深みのあるワインレッドが、秋モードのお部屋にぴったり。ブルー系ならターコイズブルーなど、大人っぽいブルーがしっくりきます。ブラックやゴールドのアイテムも、高級感を演出してくれます。また、全体のトーン(色調)を合わせることも大切。軽やかで薄いパステルカラーに、深みがあり暗めのオータムカラーを持っていくと、バラバラな印象になってしまいます。秋のインテリアは、落ち着いたオータムカラーで統一しましょう。この写真のインテリアは、明るめのチョコレートブラウン・マスタードイエロー・モスグリーン・ワインレッドの4色でまとまっているので、安定感がありますよね。

それでは、小物活用術をご紹介します。

秋のインテリア小物【活用術】

・柄物のクッションカバー

クッションを買い換えるのでは無く、クッションカバーを変えるだけでも、お部屋の雰囲気は秋らしくなります。おすすめしたいのが、オータムカラーを取り入れた柄物のクッションカバー。エスニック風のストライプや、刺繍が入ったタイプは今季のトレンドアイテムです。汚れたら取り外して、洗濯機でいつでも洗えるので、とっても便利。

・秋を感じるリース

玄関や入り口に、秋を感じるリースはいかがでしょうか。ドライフラワーを使った手作りのリースなら、家計にも経済的。100均で購入した多肉植物をアレンジしても、豪華に見えます。

リースの作り方は本で覚えて、住まいに季節を取り入れましょう。

・ワンランクアップの洋書

お部屋をワンランクアップさせたいなら、洋書のインテリアはいかがでしょうか。洋書を選ぶ時も、オータムカラーを意識しましょう。好きな雑誌を、マガジンラックに飾っても素敵です。

・暖かみのある動物柄のマット

夏のマットは、通気性の良いクールマットやキルトが定番アイテム。秋になったら、暖かみのあるデザインのマットにチェンジしましょう。牛柄やシマウマ柄など、動物柄のアイテムはお部屋のイメージをガラッと変えてくれます。毛足の短いタイプを選べば、コロコロや掃除機のお掃除の時でもラクです。

・落ち着いたアート作品

秋のお部屋には、ブラウン、イエロー系のアート作品がお似合いです。額縁にもこだわりましょう。気に入った柄の布や、ラッピングペーパー、ボタンや切手など好きなものをコラージュして、額に入れてもお洒落。大好きな空間を作りましょう。

・ムード満点のキャンドル

10月になれば、皆さんも大好きなハロウィンがやってきます。ハロウィン気分を先取りして、ムード満点のキャンドルはいかがでしょうか。キャンドルの横に、お化けやカボチャモチーフのグッズを置くだけで、ワクワクする雰囲気に。その際は、ハロウィンを意識してイエローやパープル・ブラック系の小物でまとめるのがポイントです。

・落ち葉をアートに

色とりどりの落ち葉も、立派なアート作品になります。「これは使えそう!」と思う落ち葉を見つけたら、額に入れて飾りましょう。松ぼっくりや木の実を陶器の器に入れて飾っても秋らしくなりますよ。

・インテリアになるレコード

皆さんのお部屋には、使っていないレコードが眠っていませんか?昭和な表紙のレコードは、インテリアにも早変わり。秋らしさ溢れる、レトロで懐かしい雰囲気にお部屋を変えてくれます。ギターや音楽関係のポスターをリビングに飾れば、それだけでアーティスティックな空間になります。

・秋らしい照明は?

秋の照明は、オレンジ系がおすすめです。蛍光灯の明るい光より、間接照明のぼんやりとした光が、お部屋全体を優しく包みます。

【応用編】楽しい夏の思い出を・・・

家族の楽しい時間はいつまでも残しておきたいですよね。身近にある自然のものを生かして、インテリアにしましょう。リビングやベッドルーム、玄関に置けば、旅行に出かけた楽しい思い出がよみがえってきます。

・貝殻のメモリーボード

夏の間にたくさん拾い集めた貝殻。大切な思い出は消えないうちに、作品にしましょう。接着剤とボード、撮った写真を使って、メモリーボードに。貝殻を好きな色にペイントしたり、メッセージを直接書き込んでも良いです。海岸で見つけた石や流木も立派なインテリアに。

さいごに

お部屋をイメージチェンジさせる、秋のインテリア小物活用術。いかがでしたでしょうか?これからは気温も下がり、お出かけしやすい季節。秋のインテリア小物を探しに行きましょう。

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。