- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

ゴールデンウィークは「kinoe(きのえ)」と出会いに「飛騨の家具フェア」へ

ゴールデンウィークは「kinoe(きのえ)」と出会いに「飛騨の家具フェア」へ

近年、リビングでゆっくりテレビを見る時間は減っているといわれます。とはいうものの、まるで吸い寄せられるようについ見入ってしまうテレビ番組、お心当たりはありませんか?

たとえば、『YOUは何しに日本へ?』や『世界が驚いたニッポン! スゴ〜イデスネ!!視察団』、『和風総本家』といった番組あたりなどいかがでしょうか。

いずれの番組も「日本の素晴らしさ」や「日本の技術力の高さ」、そして「日本固有の伝統、文化、モノ、人」などにスポットが当たることで、改めて「日本の素晴らしさ」を再認識でき、とても誇らしく感じることができる番組ですよね。

実は今回ご紹介したいテーマは、そうした「そうでしょ! やっぱり日本ってすごいよね」などといった「誇り」に通じていくであろう話題です。

セールの「お得」だけでなく、発見と驚きに満ちたGWに

ゴールデンウイークは「これぞ日本の技術力」「日本製家具の素晴らしさ」に触れてみませんか?

■このゴールデンウイーク、「これぞ日本の技術力」「日本製家具の素晴らしさ」に触れてみませんか?

ところで、いよいよ待ちに待った2018年のGW(ゴールデンウィーク)がやって来ます。皆さま、GWのご予定は決めていらっしゃいますか?

もし「まだ決めていない」「これといって予定はない」といった皆さまはもちろんですが、このGWを利用して冬物の片付け、お部屋の模様替えなどをお考えの皆さま、ぜひホクレンホームセンターの<折り込みチラシ>、または、当サイトでご覧いただける<電子チラシ>にご注目を!

◆「視察団!!」気分で家具を眺めながら感動と発見を!

『G.W. SPECIAL SALE/ゴールデンウイーク・スペシャルセール』チラシにご注目を!

■『G.W. SPECIAL SALE/ゴールデンウイーク・スペシャルセール』チラシにご注目を! 画面の黄色のボタン「今月のチラシを見る」から電子チラシをご覧いただけます!

なぜなら、『G.W. SPECIAL SALE/ゴールデンウイーク・スペシャルセール』と銘打った「お得なセール」というだけでなく、冒頭で取り上げたテレビ番組のような視点からも、このGWのホクレンホームセンターは、充分お楽しみいただくことができるのではないか? と考えているからです。

中でも特に、『ゴールデンウイーク・スペシャルセール』期間中に実施させていただく「飛騨の家具フェア」においては、伝統の技術を背景とした「日本の技術力の高さ」を知っていただく絶好の機会となるはずです。

日本の技術力の高さについて、テレビで見ているだけで「誇らしさ」を感じられるわけですから、「これぞ日本の技術力」「日本製家具の素晴らしさ」に、実際に手で触れてみることができたとしたら、どれほどの感動を得られるでしょうか。

この場で言葉多く絶賛してしまうと「懐疑的な視線」をいただくことになってしまいそうですので、このくらいにしておこうと思います。続きはぜひ、皆さまご自身の目と手、感覚で「飛騨の家具」に触れていただき、「日本製家具」への誇らしさを味わっていただきたいなどと思っています。

実は、最後まで言わずに通そうと思っていたフレーズなのですが、やはりこのGWは、ホクレンホームセンターへぜひお立ち寄りを!

◆「飛騨の家具」とは?

飛騨の家具は、デザイン性の高さと技術力、安心感を兼ね備えたこだわりの家具ブランド

■飛騨の家具は、デザイン性の高さと技術力、安心感を兼ね備えたこだわりの家具ブランドです。

「飛騨の家具」につきましては、当ブログにおいても既に何度かご紹介させていただいておりますので、ご存じの方は多いことでしょう。また、ホクレンホームセンター店舗にお出かけいただいたことがある皆さまにとっても、すっかりお馴染みのブランドといえるかもしれません。

しかし「初めて知るブランド」という皆さまがいらっしゃるといけませんので、ここで簡単に「飛騨の家具」についてご紹介しておきましょう。下記の当ブログバックナンバー記事も併せてご覧いただければと思います。

「飛騨の家具」は、古来から伝わる「日本の木工技術」と、いくつもの時代をリードしてきた「デザイン性の高さ」、さらには「修理を受けながら末永く使い続けられる安心感」といった魅力を兼ね備えたこだわりの家具ブランドです。

飛騨の家具発祥のルーツをたどると、遠く奈良時代には既にその存在が広く知られていたという「飛騨の匠(飛騨工/ひだのたくみ)」と呼ばれる木工職人集団に行き着くといいます。現代の飛騨の家具にも用いられている「曲げ木(まげき)」などといった技術は、古の時代から受け継がれてきた、日本伝統の技術です。

【バックナンバー記事】
»「品質とデザイン性を兼ね備えた【飛騨の家具】魅力とラインナップを徹底解剖」
»「飛騨の家具を紐解く【Vol.1】世界に誇る飛騨の匠、伝統は普遍のブランドへ」
»「飛騨の家具を紐解く【Vol.2】飛騨の匠、発祥と歴史〜源流をたどる旅」
»「飛騨の家具を紐解く【VOL.3】伝統を超えるための挑戦と選ばれる理由」

初展示となる新作、飛騨の家具「Kinoe(きのえ)」ラインナップにひと目ぼれ

「kinoe(きのえ)」は、天然自然の木、木の枝が持つ表情を生かした家具シリーズ

■「kinoe(きのえ)」は、天然自然の木、木の枝が持つ表情を活かした家具シリーズ
【飛騨の家具「kinoe」特設Webサイト】http://kitutuki.co.jp/kinoe/

クルマの世界ではよく「官能的」「セクシー」などといった言葉が飛び交います。時節柄、使うことがはばかられるような言葉ではありますが、ことクルマに関しましては、これらは最上級の〝ほめ言葉〟です。

これらに類する言葉をこの家具、「kinoe(きのえ)」にあてはめて考えてみるとしたら、どのような言葉がぴったりでしょうか。

つい、そんなことまで考えてしまうような家具が、飛騨の家具「kinoe(きのえ)」シリーズだと思うのです。

◆「木の枝を活かした家具」だから「kinoe(きのえ)」

「kinoe(きのえ)」は笠木(かさぎ)という部分に、一本一本表情が異なる「木の枝」を用いています。

■「kinoe(きのえ)」は笠木(かさぎ)という部分に、一本一本表情が異なる「木の枝」を用いています。

「kinoe(きのえ)」は、天然自然の木、木の枝が持つ表情を活かした家具シリーズですから、「ピュア」「ナチュラル」「素朴」といった言葉が似合うのは当然のこと。しかし「kinoe(きのえ)」は、それだけでは説明しきれない〝吸引力〟を持つラインナップだと感じずにいられません。

吸引力となっているのは、そのデザイン性の高さや、従来は捨てられていた「木の枝」を用いて美しい家具をつくり上げ、シリーズ名の由来ともなったコンセプトに依るところは大きいことでしょう。

そして細部に至るまで気配りが行き届いた、それこそ「実に日本的なこだわり」が凝縮されている家具だからでしょうか。

それでもまだ、「kinoe(きのえ)」を言いあらわすのには何かが足りないような気がします。果たして、店頭にて「kinoe(きのえ)」を実際にご覧いただいた皆さまには、どのようなこと、言葉が浮かんでくるのでしょうか。

◆フェア期間中は「kinoe(きのえ)」を特徴づける「枝」、笠木(かさぎ)を選べます

形の違いや節(ふし)も「kinoe(きのえ)」ならではの魅力のひとつです

■笠木に用いられている「木の枝」。形の違いや節(ふし)も「kinoe(きのえ)」ならではの魅力のひとつです。

「kinoe(きのえ)」についてここまで何やら哲学的、抽象的なご紹介の仕方をしてしまいましたが、ここで少し「今回のフェアの機会だからこそお求めいただきたい商品」というアピールを少々…

木の枝の美しさを活かした家具「kinoe(きのえ)」の外観を特徴づけているのは、何といっても、ダイニングチェアやダイニングベンチ、アームチェアといった椅子の背もたれ部分に用いられている「木の枝」でしょう。この部分を「笠木(かさぎ)」といいます。

「kinoe(きのえ)」シリーズを紹介しているWebサイトをご覧いただくと、そこには「世界にひとつしかない椅子」と謳われています。「世界にひとつ」である理由、それは笠木に用いられている枝が、製材された木材とは異なり、一本いっぽん違った表情を持っているためです。

『ゴールデンウイーク・スペシャルセール』期間中に実施させていただく「飛騨の家具フェア」では、この笠木を、皆さまご自身の好みでお選びいただくことができます。

さまざまな個性や表情を持った「木の枝」を自ら選んでつくり上げた椅子は、これから長い時間を一緒に過ごすことになる、皆さまの良き「相棒」となってくれるに違いありません。

先ほど「kinoe(きのえ)」を言いあらわすのに「まだ何かが足りない」と感じていたのは、もしかしたら、こうした「相棒感」のようなものかもしれません。「木の温もり」といった温かみを超越し、無意識のうちに「生命を持った存在」のように感じていたのかもしれませんね。

木の温もりや情緒に「洗練」が加わる「kinoe(きのえ)」コーディネート

「kinoe(きのえ)」ダイニングベンチ

■これは「kinoe(きのえ)」ダイニングベンチです。気に入った家具に囲まれて過ごす時間の心地よさを!

「kinoe(きのえ)」シリーズに限らず、飛騨の家具は、「このデザインが気に入ったから」「飽きの来ないシンプルさが素敵だから」といった視点からお選びになる方が多い家具のように感じます。それだけ、見た目のシンプルさとは裏腹に、よく考え抜かれ、しっかり作り込まれた家具であるという証でしょう。

飛騨の家具はまた、「この家具を部屋に置きたい」といった思いから、お部屋のコーディネートをお考えになるというケースもあると聞きます。

いずれにしても、お選びいただく家具が「愛着を持てる家具」であることは、とても大切なことです。

「kinoe(きのえ)」シリーズには、ダイニングテーブル、ダイニングチェア、ダイニングベンチのほか、アームチェアやテレビボード、センターテーブルなどがラインナップされています。

気に入ったデザイン、家具に囲まれて過ごす時間の心地よさを。日々の暮らしにクオリティを。「kinoe(きのえ)」シリーズなら、毎日何気なく目にしていたお部屋の風景が、今よりもっと愛おしく感じられるようになるはずです。

◆「kinoe(きのえ)」を始めとする愛着を持てる家具には「安心感」をも

飛騨の家具には、安心の「10年保証」が付いています

■飛騨の家具には、安心の「10年保証」が付いています。詳しくは店頭にてお尋ねください。

初めて「kinoe(きのえ)」シリーズをご覧いただいた皆さまは、少なからず「こんなに華奢だけど、壊れたりしないの?」という思いを抱くようです。

この点に関しましては、全く心配はいりません。日本伝統の技術と考え抜かれた設計ポリシーによって、家具としての堅牢さは充分すぎるほど備えています。

また、飛騨の家具には「各家具の耐久箇所(木部)についてご購入から10年間、製作過程の不都合による破損の場合は無償修理いたします」という10年保証が付いてきます。さらには修理、修復も依頼できるという安心感も得られるのです。

飛騨の家具の魅力は、実物をご覧になっていただくことで一層際立ちます

今回は飛騨の家具の中でも、ホクレンホームセンターでは初展示、新作となる「kinoe(きのえ)」シリーズにスポットを当ててご紹介いたしましたが、「kinoe(きのえ)」シリーズ以外にも、魅力的なシリーズがいくつもあります。そこがまた、さまざまなライフスタイルに寄り添ってくれる飛騨の家具の魅力のひとつでもあるわけです。

好みのデザイン、サイズ、材質、色でテーブルをオーダーできる「侭 JIN」

■好みのデザイン、サイズ、材質、色でテーブルをオーダーできる「侭 JIN」

たとえば、シリーズ名称ではありませんが「侭 JIN」という、好みのテーブルデザインやサイズ、材質を選ぶことができるテーブルオーダーシステム。

北海道産カバ材を使用し北海道で製造された「Northern Forestシリーズ」

■北海道産カバ材を使用し北海道で作られた「Northern Forestシリーズ」

またたとえば、北海道産のカバ材を使用し、北海道内で製造された「Nothern Forest(ノーザン・フォレスト)」シリーズ。

いずれも高いデザイン性を備え、確かな技術によってつくり上げられた、とても魅力的な家具ばかり。

これらの家具、どれほど言葉を尽くしたとしても、その魅力を伝えきることはできないかもしれません。何しろ、そのたたずまいや存在感、空気感といった文字ではお伝えしにくい部分にこそ、その魅力が詰まっているように思うからです。

最後の最後に、再び「ぜひ」と言ってしまうわけですが、お時間や気持ちに余裕があるであろうこのGW、ホクレンホームセンターへぜひお出かけいただき、「kinoe(きのえ)」シリーズを始めとする飛騨の家具の魅力をお確かめください!

◆2018「G.W. SPECIAL SALE/ゴールデンウイーク・スペシャルセール」

『G.W. SPECIAL SALE/ゴールデンウイーク・スペシャルセール』チラシにご注目を!

■『G.W. SPECIAL SALE/ゴールデンウイーク・スペシャルセール』チラシにご注目を! 画面上の黄色のボタン「今月のチラシを見る」からは電子チラシをご覧いただけます。

【セール期間】
2018年4月21日(土)〜5月6日(日)

【詳細情報】
新聞折り込みチラシ、または当サイトに表示される黄色のボタン「今月のチラシを見る」から電子チラシをご覧ください。

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。