- 家具の選び方は生き方だ -
  • お問合せ
  • 電話をかける
  • アクセス
  • 011-711-1001

ウィスキー樽で作られた家具でノスタルジックなお部屋に変身

ウィスキーの樽で作られた家具があります。通常、ウィスキー醸造の役目を終えた樽材は廃材として捨てられてしまうことがほとんどです。しかし樽を作るために使用されるホワイトオークは高級木材。せっかくの上質な素材をただ捨てるだけではもったいないと、再ウィスキーオークシリーズという、ウィスキー樽を使用した家具が作られました。味のある色合いと木目が魅力のこちらのラインを、ウィスキーの雑学とともに紹介していきたいと思います。

ウィスキー樽家具ショールームを見学

sr_main

さてさて、ウィスキー樽をご紹介するにあたり名古屋にあるショールームを訪れました。見渡す限りすべてウィスキーオークシリーズで埋め尽くされた会場内は、その樽の色味のおかげかあたたかい雰囲気で満ちています。木の樽がこんなに素敵な家具になるなんて、にわかには想像しがたい光景です。

こちらのシリーズを手がけたデザイナーの方にお話をうかがうことができました。

sr001

このシリーズのテーマは、「ノスタルジックテイスト」。古き良き時代の輝きやエネルギッシュさを商品に込めています。実はこの家具をつくる際に、一度作れないと断ったんです。最初はピンとこなくて。それからしばらくしてもう一回「(ウィスキーの)樽材を使用して作れないか?」とお話が来たんですよね。ちょうどその時にいくつかの出会いやヒントが重なって、商品開発に踏み切ったんです。作ると決めてからは完成まで早かったです。完成後は、たくさんの方にご支持をいただいているようで…本当に嬉しいです。

sr002

お客様が商品を見て感じたインスピレーションと商品のストーリーが合致してくれているのかなと。ただみなさまに商品が愛されている中、思わぬ影響がひとつありまして。近年のハイボール人気で、ウィスキーを量産させるためにウィスキー樽としての寿命が延びてしまい資材としての樽材がなかなかこちらまで回ってこないんですよね。ですので、もしかしたら納期が少しかかってしまうかもしれませんがその点ご了承いただけたらなと思います。

sr003

今後は、”どこか昔懐かしい”というテーマを追いかけながら商品を見た時に自然と笑顔がこぼれるような家具を作っていきたいと考えています。
子どもが宝物を見つけた時のような表情を大人がしてくれると、私がこの仕事をしていてよかったなと思える瞬間です。

sr004

なるほど、ハイボールブームが影響しているとは、これまた意外な事実でした。家具作りに真摯に向き合い、その先のお客様のことを考えて作られている姿勢に感動せずにはいられません。ありがとうございました!

ウィスキーと樽の親密な関係とは

taru

ウィスキーの色は樽の色

ウィスキーといえばきれいな琥珀色が特徴ですが、実は蒸溜したてのウィスキー(ニューポット)は無色透明なんです。味も荒々しく、香ばしさやまろやかさにも欠けています。
では、どこで色やまろやかさをつけるのでしょうか。そう、『樽の中』なのです。無色透明のウィスキーを、熟成させていくと香ばしくおいしい琥珀色のウィスキーが出来がるんですね。
そもそも、なぜ樽の中に入れて熟成させようと思ったのでしょうか。諸説ありますが、今回はスコットランドの住人のお話をご紹介します。その昔、ビートを使いウィスキーを作った現地の人たちが国の重税から逃げるために樽の中に入れて隠し、開けてみると色が付きおいしくなっていたというのが始まりとのこと。スコットランドの人たちも透明だったウィスキーが、樽をあけたら琥珀色に変わっていてきっと、びっくりしたでしょうね。実はこうした密造がきっかけで、現在のウィスキーの基礎ができたといわれています。

樽によって色が変わる

樽にも大きさがあって、バーボンやシェリー用など用途に合わせて使用します。 大きさが違うことによって香味や熟成、色味などが変わっていくのですが、特に色や香りに強く影響するのが、樽内面の焼き方。強く焦がすと色も香りも強くなり、反対に弱いと色も香りも弱くなります。

なぜホワイトオークなのか?

ウィスキーの樽には、ホワイトオークというオーク材が適しています。それは、オーク材だけが持っているタンニンやカテコールなどのポリフェノール類やその他の成分がウィスキー独特の香味を作るのに必要だからです!
でも、オーク材ならなんでもOKというわけではありません。似た木でレッドオークというものがありますが、耐久性などに欠けるところがあります。その点、ホワイトオークは材中に液体が入りにくい事や蒸発しにくいなど、樽に向いている特性が多々あるため、使われている頻度が高いのですね。

ホクレンホームセンターのウィスキー樽家具

hcwiskey

実は、ホクレンホームセンターにもウィスキー樽家具がございます!
正面玄関から入ってすぐの中央スペース、BGMはJazz、照明は暗めに設定されたエリアに「ウィスキーオークシリーズ」が現れます。木部の濃いめのダークブラウンが、ウィスキーグラスと絶妙にマッチし、大人な雰囲気を演出。くつろぎの空間を与えてくれます。
オシャレなウィスキー樽家具を取り揃えてお待ちしております。お部屋の雰囲気がグッと代わりますよ!

product_sr01

product_sr02

product_sr03

product_sr04

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。