ホクレンホームセンター

spnav
商品検索

快適な睡眠で楽しい毎日を!Part.1〜環境がつくるグッド・スリープ

eyecatch09_01

皆さんは、眠ることは好きですか?あまり眠りたくない!という方はいらっしゃらないかもしれませんが、疲れているのに寝付けない、眠りが浅くて疲れが残る……など、睡眠に関する悩みを抱えている方は多いのでは。生きることを支える睡眠の時間がより快適になれば、きっと今以上に充実した一日を送れるはず。
今回からは3回連載。「よりよい眠り」についてさまざまな角度から探求していきたいと思います。第一回目は、ベッドマットレスの選び方やお部屋の環境づくりについてご紹介致します!

Choice!マットレスを選ぶポイントとは?

なんといっても良い睡眠に大切なものは、寝る環境です。最近ではお布団よりもベッドを利用されている方が上回っているかもしれませんね。実はベッドマットレスは、快適な眠りを届けるため、様々な工夫が凝らされています。とはいえ、たくさんあるマットレス。どのように選べば良いのでしょう?

sec01

寝てみるのがいちばん!

マットレスは寝るためのもの、座って選んでも用途が違うため参考になりにくいです。
例えば体重が60kgの人が、座った場合60kgの体重は一ヶ所にかかります。しかし寝た場合は、その60kgが全体にかかるためマットレスの感じ方は全くちがうものとなるのです。ちょっと大変かもしれませんが、実際に寝てみないと自分の身体にフィットするマットレスとは出会えないわけですね。

ふだんと一緒の寝方を

こちらもありがちなことなのですが、直立姿勢のまま身体を倒して試し寝をしてしまうことが多いです。おうちで寝るときは横向きだったり、仰向けでもリラックスした状態でいることが多いと思うのですが、慣れない場所と緊張からかこのようなケースが非常に多いです。

実際には寝返りをうってみたり、横向きになってみた時に肩や腰に負担がかかっていないのか、また自分が心地よく寝れるのかを試してみることがとっても大切です。ちょっと恥ずかしさもあるかもしれませんが、できるだけ普段寝ているのと同じ体勢をとってみてください。それが、自分に合ったマットレスを発見するための近道になるはずです。

サイズももちろん重要!

bedsize

「シングルを買おうと思っていたけど、セミダブルにしようかな。」
「ダブルにしようと思ったけど、シングルふたつにしてベッドの間にナイトテーブルを置きたい!」
などベッドを見にいらしてから、予定とは違うものを検討する場合が意外と多くあります。ただここで気を付けておきたいのが、お部屋の広さです。先ほどのようにシングルからセミダブルに変更する場合は、幅がプラス15~20cm変わってくる場合があります。ダブルからシングル2台とナイトテーブルへ変更する場合も幅を約70cmほど広くとらなければならなくなります。

ちょっとした変更のように思えますが、実は寝室の間取りへは大問題。お部屋にベッドが入ったとしても、狭かったりベッドメイキングがやりにくかったりと、予想外の不都合が発生する可能性が高いのです。最悪な場合は、お部屋に入らなくて泣く泣く返品なんてことにもなりかねません。
そういった失敗が起こらないように、お部屋の間取りや窓の位置など確認されてからご来店いただくことをオススメします。また図面等お持ちでしたら、販売員と一緒に確認しながらベッドを検討するという方法もありますので、お気軽にご相談くださいね。

ちなみに、この販売員と話してみるということ、実はキーポイントなのです。お客様の中には「話すのがあまり得意ではない…」という方もいらっしゃいますよね。けれど、ひとりひとりのお話をうかがうことにより、ベッドの使用目的や頻度、お悩みなどがわかります。そういった個人差を踏まえた上で、ライフスタイルにあったマットレスのご提案をしておりますので、ほんの少しだけでもお話しができると嬉しいです。

眠るための環境づくり、ベッドだけじゃない大切なアイテムとは

カーテンで決まるベッドルームの印象

人生の1/3は睡眠だというのは有名な話。イコール、寝室で過ごす時間も人生の1/3ってこと。それならお部屋づくりもよりリラックスできて、心地よいものしたいですよね。寝室の雰囲気づくりに大事な家具は、やっぱりカーテン!というわけで、カーテン担当のはるみさんにおすすめやトレンドを聞いてみました。

寝室は、みなさんネイビー・グレイ・ブラックなど割と寒色系のカラーを好まれますね。
柄は無地やストライプなどシンプルなものを選ばれることが多いです。
寒色系のカラーには清潔感や知的な雰囲気を演出するだけではなく、気持ちを落ち着かせる効果もあるといわれています。
ただ寝室はリラックスできることが大事ですので、
お客様が気に入ったものを選ばれるのが1番の快眠につながるのではないかなと思います。
カーテンコーナーではたくさんのカーテン見本をご用意しておりますので、お悩みの際はぜひお立ち寄りください。

curtain

さらにおしゃれにお部屋をコーディネートしたい方にはこちらのフロントレースがおすすめです!
通常のレースのかけ方とは違い、窓側にカーテン、室内側にレースをかけて写真のように室内にいるときにレースの柄を楽しむことができる新しいスタイル。
もちろん、カーテンだけを開ければ通常のレースカーテンの機能となんら変わりはないのでレースの機能も活かすことができます!他にも柄を多数ご用意しておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

寝室へ新しいカーテンをかけたいお客様からの支持が熱いのが、このマリオン。
遮光2級(遮光率99.80%以上/直射日光があたると少しお部屋の中が明るくなる程度)ですので、 お日様が昇るのがカーテンを閉めていてもわかるので、自然な目覚めを促してくれます。
柄もシンプルで、カラーもいろんなインテリアに合うのが人気の理由なのかもしれません。

枕もやっぱり大切です

自分に合った枕に出逢うためには、高さと中身の素材ごポイント。

高さに関しては、寝た時に首が高くても低くてもだめ。ちょうど首と枕がまっすぐになるくらいがGOOD!ただこの場合マットレス選びと同様、自分ひとりだとわかりにくいのでベッドコーナーの人に見てもらうといいかもしれませんね。

次に中身ですが、いろいろな種類があり綿・羽根・ウレタンビーズ・そばがらなど多種に渡りますがここは好みで選ぶことが1番です。確かに科学的根拠に基づいて選んだとしても、使用した感覚が苦手な場合は寝にくいですもんね。自分が好きな寝心地のものを選びましょう。

ホクレンホームセンターで人気な枕をご紹介させてください。

pillow

ネック部分に低反発ウレタンを使用し、ヘッド部分は羽根・そば・パイプの3種類からお選びいただけます。さらに、高さもハイとローをご用意。ぜひマットレスの試し寝の際、一緒に試してみてはいかがでしょうか。

中身のおすすめポイント

ウレタン : 頭の形になじみやすい!
羽根: 冬は暖かく、夏は涼しいのが特徴
そば殻 : そば殻独特の寝心地と音に癒される
パイプ:  洗える上に通気性がいい!

照明にもこだわりたい!

真っ暗だと寝れない!という方にはフットタイプのライトがおすすめ。ベッドに横になった時に目より下にライトを置いた方が睡眠を妨げません。ただし、床など足もとに置く場合は躓いて転倒の恐れもあるのでスツールやローボードなどにのせて注意をはらいましょう。

i_05img_01
とても清潔感のあるこのライト。ブラックとホワイト2色展開となっております。 ローボードなどに飾っても可愛いですが、小さめのスツールにのせるのもオススメです。

i_05img_02
定番人気のライト。最近よくテレビドラマでも使用されているのを見かけます。どんなインテリアにも溶け込むのが人気の秘密なのかもしれません。

ぐっすり眠るために必要なこと

体内のリズムを整えるのも、環境づくりの一環です。忙しい毎日を過ごしていると、当たり前に思えることが、実はできていないなんてこともしばしば。今一度、自分の日常を振り返ってはみませんか?

日光を浴びよう!

sun

人の身体の中には体内リズムというものがあります。このリズムが正常だと身体もイキイキして夜も自然と眠くなり、質の良い睡眠をとれるのです。しかし一度乱れるとヘンな時間に眠くなったり、集中力が低下したりなど身体にとってあまりよくない症状が出ることがあります。

そこで、正常にリズムを刻むために必要なのが、太陽。
朝起きてすぐ日光を浴びることにより、身体がリセットされまた新たにリズムを刻み日中は活動、夜は休息と覚えていきます。そうすることによって身体も徐々にペースをつかみ、夜は休息をとるものと気づき自然と眠りにつけるようになるということです。
仕事や家事でなかなか日中は外出が難しい方も、朝一番にちょっとだけ外へ出てみてください。これなら続けられそうですね!

お風呂に入ろう!

bus

言わずもがな、定番中の定番。しかし、シャワーでさっと済ませたり、朝に慌てて汗を流すこともままあるはず。
お風呂は身体を温めたりする身体的な効能だけではなく、心の緊張も解きほぐしてくれます。入浴剤などを使って香りもプラスするとより効果を得られるのではないでしょうか。香りは好みでチョイスするのがオススメですが、お悩みの時にはリラックス効果があるといわれるラベンダーなどはいかがでしょうか。

とはいえ、仕事で疲れて毎日お風呂は無理、という方もいらっしゃいますよね。そんなときには暖かい飲み物を飲んでみるのもいいかも。ただしコーヒーや緑茶などはカフェインが含まれているためNG。ハーブティーや白湯など身体への負担が少ないドリンクでほっと一息ついてみてください。

さて、今回はここまで。ぜひぜひ快眠を手に入れられるよう、できることから初めてみてください。
次回はホクレンホームセンターのスタッフがオススメするマットレスを一挙公開!新商品情報も掲載しちゃいます。ご期待ください!

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。

こだわり商品検索/並替え

  • 検索
  • 並替え
  • すべての商品
  • リビングリビング
  • ダイニングダイニング
  • ベッドルームベッドルーム
  • 子ども部屋子ども部屋
  • アンティークアンティーク

キーワードから探す

  • ソファ
  • テーブル
  • チェア
  • ボード
  • デスク
  • ベッド
  • 収納
  • 小物家具

並替え

  • 新着順
  • 価格の高い順
  • 価格の安い順
  • オフ率の高い順

表示

  • 20件
  • 60件

絞込み

  • すべての価格
  • ~10,000円~10,000円
  • ~50,000円~50,000円
  • ~100,000円~100,000円
  • ~200,000円~200,000円
  • 200,000円~200,000円~