ホクレンホームセンター

spnav
商品検索

【シリーズ】四国・徳島の富士ファニチアで、家具を識る旅 Part.2

eyecatch10_2

家具を識る旅、後編です。ステキなウェルカムボードでお出迎えいただいた冨士ファニチア様。
今回は成型合板の技術を間近で見させていただきました。「軽くて持ちやすい」と人気チェアの秘密がついに明らかになりますよ!

welcome

冨士ファニチアを象徴する技術、成型合板をフィーチャー

成型合板とは?

成型合板とは、薄くカットされた単板(たんぱん)と呼ばれる厚さ約1mmの木板を重ねあわせ、圧力と熱を加えて型作りをする木工技術のことで、通常よりも少ない木の量で、家具を造ることができます。
ホクレンホームセンターで人気のダイニングチェアは、コマ入れを行い強度と安定性を高め、軽さと丈夫さを実現。さらにこの技術を使うと、しなやかな曲線を表現することが可能になり、家具のデザインの幅がとても広がっていきます。

成型合板ができるまで

1
こちらが単板。とっても薄いです。

2
単板にジェル状の特殊なノリを丁寧に塗り、何枚もミルフィーユ状に重ねていきます。

3
のり付けし重ねた単板をチェアの型にはめ、ゆっくりとプレスしていきます。

4
その際、チェアのつなぎ部分にコマと呼ばれる木をいれ高周波でプレスし成型します。プレスは熟練の職人のみができ、全てその人に刻まれている感覚で行っているそうです。

5
季節によって変動はしますが、約1時間ほど加熱と冷却し形が出来上がります。1日に約20台しか作ることのできないとても手間のかかる作業です。
その後、研磨作業を行い美しく磨いていきます。

7
最後に塗装を行い、完成です。

作り手さんに聞く、成型合板の魅力

技術職人・鴻池 義勝

kounoike

成型合板の技術があるおかげで、いろいろな形を表現することができていると感じています。細部の難しいところの表現などはこの技術がないと不可能なところが多いですね。
私たちは、デザイナーの書いたデザインや図面を優先して造りますが、この技術のおかげでたくさんの家具を造ることができたと思います。商品化となるとシビアに見なけばならない部分もありますが、デザイナーの描いた夢を叶えるのが私の信念です。

ko_1

デザイナー・田中 智也

tanaka

木じゃできないことのおもしろさが、成型合板を通して可能になっています。木は生き物ですので、板の向きが決まっていたりしますが、成型合板には関係なく自由な発想が出来ることがデザイナーとしては最大の魅力です。
しかし、実際に作るのは鴻池さんをはじめ技術者の方たちですから、描いたデザインを形にしてもらうには絶対的な信用が必要です。とても信用してますし、ひとりじゃ絶対に叶わないので心強いし有り難いです。

ta_01

開発部・中摩大輔

nakama

時代に合った技術だと思います。安定性や強度が抜群なのはもちろんですが、地球環境の面からみても少ない木材で製造できるところはエコにつながります。また、技術者とデザイナーの作りたいものをうまく表現させてくれる技術だなとも思いますね。開発部という立場なので、技術とデザインの双方の意見を聞くことが多いのですが、お互いに尊敬と信頼がとても強いのが私の誇りでもありますね。

na_01

冨士ファニチア社長に聞く、成型合板とこれから

布川社長に成型合板の良さと将来のビジョンについてお伺いしました。

nunokawa

成型合板の良さは、おそらく先ほどの3名の話しの中にあったのではないでしょうか。繊細な部分も表現できる順応さ。デザインの幅が広く、木材の使用量を少なくしエコなところ。私も全く同様に思っています。この技術がなければ、今の冨士ファニチアはなかったかもしれません。

今後のビジョン、と聞くと大袈裟に感じますが、会社が大変な時期もずっとついてきてくれた社員が「冨士ファニチアで働いてよかったな」と思える環境を作っていきたいと考えています。そしてそのプラスの気持ちはおそらく家具を通してお客さまにも伝わるのではないかと信じています。作り手たちの気持ちはやはり伝わると思いますからね。

布川社長、ありがとうございました!

二回にわたってお送りした、徳島県の冨士ファニチア特集。いかがでしたでしょうか。普段何気なく見ている家具にも、それぞれ独自の技術や特徴が詰め込まれているのですね。この記事をきっかけに、冨士ファニチアの魅力を再発見していただければ嬉しく思います。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました!
最後に、冨士ファニチアの写真とともにお別れしたいと思います。

社長自ら工場を案内してくれました。

last01

ホクレンホームセンターでも取り扱っています、田中デザイナーの作品。

last02

印象深かった、サンクスカード。感謝の気持ちを紙に書いて貼るという素敵な取り組み。

last03

それでは、また次回もご覧いただければ幸いです。
冨士ファニチアの家具に会いに、店舗へ遊びに来てみてくださいね。

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。

こだわり商品検索/並替え

  • 検索
  • 並替え
  • すべての商品
  • リビングリビング
  • ダイニングダイニング
  • ベッドルームベッドルーム
  • 子ども部屋子ども部屋
  • アンティークアンティーク

キーワードから探す

  • ソファ
  • テーブル
  • チェア
  • ボード
  • デスク
  • ベッド
  • 収納
  • 小物家具

並替え

  • 新着順
  • 価格の高い順
  • 価格の安い順
  • オフ率の高い順

表示

  • 20件
  • 60件

絞込み

  • すべての価格
  • ~10,000円~10,000円
  • ~50,000円~50,000円
  • ~100,000円~100,000円
  • ~200,000円~200,000円
  • 200,000円~200,000円~