ホクレンホームセンター

spnav
商品検索

クラフトコーナーを支える昭和木材へ行ってきました!

eyecatch05

クラフトで自分好みのテーブルをつくろう

お好きな木材・脚部をセレクトしてオリジナルのテーブルをつくることができる、クラフトコーナー。「探しているのだけど、なかなか自分がほしいと思うテーブルに出会えない!」
「自分が思い描いているようなダイニングテーブルがほしい」など、こだわったテーブルがほしい方には是非オススメのスペースです。

craft

オーダーメイドでお気に入りを

choice

工場見学!クラフトコーナーを支える「昭和木材」さんとは?

ホクレンホームセンターとタッグを組んで、クラフトコーナーを作り上げてくれている昭和木材さんに取材をしてきました。札幌から車を走らせること2時間。ついに、昭和木材工場へ到着!
showamokuzai

さっそく工場内へ

工場内は、木材の加工などで多くの機械がつねに動いているため、とても大きな音がします。スタッフの皆さんも耳栓をしていて、指示は手ですることが多いんですって。普段からのコミュニケーションの良さがうかがえますね。

人工乾燥用の釜を発見

kama
木材の厚さによっても変わりますが、温度は通常45~75℃、建築用だと100℃で設定するのだそう。こちらの人工乾燥の窯は全てパソコンで管理しているので、途中で「いいかな?」と開けることはNG。なのでサンプルを使って乾燥状態を確認してから一気に乾燥させるということです。
ちなみに、昔はこのような工程がなく、生木のままでお取引先等に持って行ってたそうなのですが、現在は原料の高騰などでここまでの加工が必要になってしまったのです。

クラフト木材の制作風景

たてわり

se001

塗装

se002

塗料

se003

下地は色なしで塗装をして、仕上げの色つけは元の木の色をみて決めるというまさに職人技。分量が決まっている場合もあるそうです。

職人さんが使用している道具

  • 加工に使うのこぎり
    加工に使うのこぎり
  • 仕事で使われる様々なもの
    仕事で使われる様々なもの
  • 特注のこぎり
    特注のこぎり

道産タモ加工材を効果的に。新しいJR旭川駅庁舎内装は「昭和木材の木」で美しく

新しくなった旭川駅庁舎の内装は、昭和木材の手によるもの。旭川は北海道でも有数の「広葉樹のまち」であり、駅舎も広葉樹加工材の魅力に包まれています。木の表情を活かした空間に漂うのは、ナチュラルなぬくもりとやさしさ。思わずほっとする安心感を与えてくれる駅となっていますよね。使用された道産タモ材の調達から加工、仕上げ、塗装まですべて手がけられています。

旭川駅1旭川駅2旭川駅3

なるほど!まめ知識

kanso

丸太は生き物

一枚板を作るのに大切な丸太。この丸太の状態から昭和木材さんはとっても大事にしています。
まず、丸太は日に当たると割れてしまうため、雪が降る時期を除いては、24時間お水をかけ続けるそうです。この作業によって、木の回りの気温を下げてひどい乾燥を防いだり、樹液が入っている部分の腐食を防いだりします。つやつやした一枚板になるための準備です。ちなみに毎日かけているお水は、地下水を利用しているので水道代も多くはかからないですし、冷たいお水をかけてあげることのこと。地球にも木にも優しい配慮ですね。

そしてなんと、この乾燥時には丸太の隙間と隙間に鳥が巣を作ってしまうことがあるみたいです。その時は「動かしてごめんね」と思いながら、巣を動かすとおっしゃっていました。

天然乾燥、人工乾燥って?

天然乾燥とは、屋外にて木を乾燥させることをいいます。一見ただ外に干しているだけ?と思われがちですが、この天然乾燥は注意深く乾燥させないとすぐに割れてしまったり狂いが生じます。なので、上でもご説明したように、昭和木材さんではお水をかけたりといったケアをしっかりしているのですね。

人工乾燥とは、その名の通り人工的に木を乾燥させることをいいます。もちろん人工なので均一に乾燥させ、同じ乾燥度の木を大量に作ることができます。こうしてみると、人工の方が手間がかからないと感じますが、木はひとつひとつ違うので人工乾燥ですと乾燥が足りなかったり、逆に過剰になってしまうことも。個性を知った上で、木にあったケアを施す天然乾燥との仕上がりは、やはりまったく違います。

木の乾燥具合などを見極め、ふたつの方法をうまく使い分けることによって、キレイでつやつやした一枚板が完成するということですね!熟練の技が光る、なんとも奥深いお話でした。

皆様もとっておきのテーブルを見つけに、クラフトコーナーへいらっしゃってみませんか?本物の木ならではのぬくもりにあふれた、お気に入りの一卓をお部屋の、ダイニングの主役にしてみてください。

この記事はいかがでしたか?

ホクレンホームセンター
Author

ホクレンホームセンターBLOG編集部

北海道とインテリアをこよなく愛するブログ編集部。おしゃれと女子会も大好き!お役立ち情報や、ちょっとした息抜きに最適な記事をみなさまにお届けしていきます。

こだわり商品検索/並替え

  • 検索
  • 並替え
  • すべての商品
  • リビングリビング
  • ダイニングダイニング
  • ベッドルームベッドルーム
  • 子ども部屋子ども部屋
  • アンティークアンティーク

キーワードから探す

  • ソファ
  • テーブル
  • チェア
  • ボード
  • デスク
  • ベッド
  • 収納
  • 小物家具

並替え

  • 新着順
  • 価格の高い順
  • 価格の安い順
  • オフ率の高い順

表示

  • 20件
  • 60件

絞込み

  • すべての価格
  • ~10,000円~10,000円
  • ~50,000円~50,000円
  • ~100,000円~100,000円
  • ~200,000円~200,000円
  • 200,000円~200,000円~